銀行融資の審査に通らない5つの原因とは!?審査通過のポイントも解説します!!

銀行融資の審査に通らない5つの原因を説明する女性

銀行から事業資金を借りたいと考える人の中には「審査に通らなかったらどうしよう」という不安を感じている人も少なくないのではないでしょうか?

銀行の事業資金融資の審査はかなり厳格に行われるので、審査に通らないケースも珍しくはありません。

しかし審査に通らない理由と原因をしっかりと理解し、審査通過のポイントを押さえることで審査通過の可能性は非常に高くなります。

銀行融資の審査に通らない原因とその解決方法について詳しく解説していきます。

銀行融資の審査に通らない理由とは!?

銀行融資の審査に通らず悩む女性

銀行審査に通らない事業者の方は数多く存在し、審査落ちの理由は様々です。

しかし、審査に通らない理由としてよくあるものが以下の5つです。

  1. 債務超過
  2. 営業赤字
  3. 前回融資から1年未満
  4. 資金使途が不適格
  5. 銀行で返済のトラブルがあった

銀行融資の審査に通らない5つの理由について詳しく解説していきます。

①債務超過

債務超過になっている会社は銀行融資の審査に通らない傾向があります。

債務超過とは、会社の総資産の金額よりも負債が多い状態で、自己資本がマイナスになっている会社のことです。

会社が一時的な大赤字で債務超過に陥ることな珍しくありません。

翌年以降、黒字を出して債務超過が解消できる見込みであれば何も問題はありませんが、債務超過解消の目処が立っていない場合には、新たに融資をしても以下のように債務超過が大きくなってしまうだけですので、追加で融資を受けることは難しいでしょう。

②営業赤字

営業赤字になっている場合も審査に通過することが難しい傾向にあります。

営業収支とは、モノやサービスを売った値段から、販売にかかった原価や経費を控除した利益です。

つまり、「本業でいくら儲かったのか」ということを示すのが営業収支になります。

営業収支が赤字ということは、「本業を続ければ続けるほど損失を拡大する会社」ということですので、融資を受けることが非常に厳しくなると言わざるを得ません。

もちろん、コロナ禍のような時には、一時的に多くの企業が営業赤字になります。

しかし、社会的な不況が終わっているにも関わらず営業赤字となっている会社は、「営業を続ければ続けるほど赤字を拡大する」と判断されるので、そのような企業は融資を受けることは困難です。

具体的には3期連続で営業赤字となっている会社はそれ以上融資を受けることが難しいと考えた方がよいでしょう。

③前回融資から1年未満

前回融資から1年以上の時間が経過していない会社も融資を受けるのが難しくなります。

事業資金融資は1年に1回しか借りることができないのが暗黙の了解的なルールです。

前回融資から1年未満の時間しか経過していない状態で融資に申し込んだとしても「借入に計画性がない」と判断されます。

そもそも、前回融資の際には審査で資金繰り表を提出し、当該資金繰り表では「融資を受けることで当面の資金繰りは改善する」という内容だった筈です。

にも関わらず、1年も経たないうちに融資に申し込んできたということは「あの資金繰り計画は何だったんだ」という判断になり、経営者としての見通しの甘さや資金繰り管理などの能力が疑われてしまいます。

前回融資から今回までの間に、予測不能な大不況や取引先の倒産などがあったのであれば例外ですが、そうでない場合には前回融資から1年未満の状態で融資を受けることは難しいでしょう。

④資金使途が不適格

資金使途が事業資金融資として不適格な場合や、当該企業にとって不要と判断される場合には融資を受けることはできせん。

事業資金は事業のための資金にしか利用することはできません。

運転資金であれば会社の人件費や仕入などの用途にしか利用することができませんし、設備資金であれば、会社にとって必要だと判断される設備を購入する資金にしか利用できせん。

例えば、以下のような使い道には事業資金融資は利用できないので、審査に落ちてしまいます。

  1. 代表者の個人的な買い物
  2. 借入金の返済・おまとめ

さらに、設備資金の借入の場合にも銀行から「この会社にこの投資は不要」と判断されてしまうと融資を受けることができません。

例えば何もノウハウがない他分野へ多角化する場合には「リスクが高い」「成功する見込みが薄い」などと判断されて審査に落ちてしまうことがあります。

借入金は銀行が「必要」かつ「返済可能」と判断したものだけが審査に通過でき、そうでない場合には審査に通過することが困難です。

⑤銀行で返済のトラブルがあった

過去に返済に遅れるなどのトラブルがあった場合には審査に通過することが難しいでしょう。

一度でも返済に遅れたことがあると、その情報は銀行内部に蓄積されます。

過去に返済に遅れたことがある人は、当該金融機関にとっては「また返済に遅れるかもしれない」「長期間延滞して不良債権化する可能性がある」などと判断されて審査に通過することが難しくなります。

「返済に遅れたことがある」という情報は、銀行内部の独自の情報ですので、他の金融機関は知り得ません。

そのため、過去に借入金の返済に遅れたことがある人は、その銀行で申し込むことは避けて、他の金融機関へ申し込みをするようにしましょう。

銀行融資の審査に通過するための6つのポイント!!

銀行融資の審査に通過するための6つのポイントを説明する女性

銀行融資に通りやすくするためにはいくつかポイントがあり、銀行の審査担当者が「これだったら融資をしても問題ない」と判断できることが重要です。

  1. 資金使途を明確にする
  2. 必要書類を漏れなく準備する
  3. 事業計画書を作成する
  4. 返済可能な資金繰り表を作る
  5. 税金を完璧に支払う
  6. 担保と保証人を確保する

審査に通過できる可能性がアップする6つのポイントを詳しく解説していきます。

①資金使途を明確にする

融資の申し込みの際には資金使途を明確にしましょう。

「借りたお金を何に使用するのか」「何の目的で〇〇円必要」という点を明確にして、申し込むようにして下さい。

銀行窓口に突然現れて、「この決算書の内容でいくら借りれる?」などと聞いてくる人がいますが、このような態度は審査的には最悪だと言わざるを得ません。

いくら決算書の内容が良好だったとしても、銀行が融資をするのは必要なお金だけです。

そのため、事前に何にいくら必要なのかを明確にして、資金使途について銀行に説明できるようにしておきましょう。

②必要書類を漏れなく準備する

審査や契約に必要な書類は漏れなく迅速に準備するようにしましょう。

銀行融資の審査や契約には、商業登記簿謄本や代表者住民票や印鑑証明書などの公的な書類がいくつも必要です。

これらの書類は事前に漏れなく用意しておきましょう。

また、資金繰り表や事業計画書、仕入先・販売先の一覧、入金実績を証明するための通帳のコピー、受注書などの書類の提出も求められます。

これらの書類はこちら側で作成する必要があるので用意するのが面倒ですが、完璧に揃えなければ審査が進みません。

作り方が分からなければ銀行担当者へ確認するなどして速やかに揃えましょう。

事業資金融資においては、当初提出を求められなかった書類を後から「確認が必要だから提出してほしい」と言われることがよくあります。

ここでも嫌な顔をせずに速やかに書類を用意するようにしましょう。

③事業計画書を作成する

銀行が「この企業は成長性が見込めるから融資で応援したい」と思えるような事業計画書を作成しましょう。

事業計画書とは、企業の中長期の経営計画を示したものです。

売上や利益の目標を掲げるとともにその目標の実現可能性も重要になります。

また、事業の成長を通じてどのような社会貢献をしたいのかなども重要です。

実現可能な目標を立て、その目標を達成することによって、地域にも社会にも従業員にも貢献することができるような計画書を作成することが重要です。

銀行の審査担当者が納得でき、会社のファンになってくれるようなものが理想です。

④返済可能な資金繰り表を作る

銀行融資の審査では返済可能な資金繰り表を作成し、資金繰りの予測を立てることも重要です。

資金繰り表とは、入金と支出の予定を把握して、現預金の残高を予測することです。

この際に最低限、借入金の返済金以上の資金が残る予測を立てる必要があります。

入金や支出の予測が現実的な情報を元に明確であり、さらに返済には全く問題がないという資金繰り表であれば、金融機関の審査担当者も安心して融資をすることができます。

資金繰りの予測が希望的観測に基づいた絵に描いた餅であるならば意味はありませんが、根拠のある予測で返済可能と判断できるものであれば審査通過の可能性は高くなるでしょう。

⑤税金を完璧に支払う

銀行融資の審査では、納税証明書の提出が必ずと言っていいほど必要になります。

当然ですが、納税証明書は税金を支払っていなければ発行されませんし、納税証明書を提出することができなければ審査に通過することはほぼ不可能になります。

そのため、銀行融資の申し込みの前には税金を完璧に支払うようにしましょう。

「税金を支払うお金がない」という時には、滞納があってからでは遅いため、税金の支払期日が到来する前に融資の申し込みを行ってください。

⑥担保と保証人を確保する

信用保証協会の保証を付けずに融資を行う、プロパー融資においては、有力な担保や保証人がいた方が審査に通過しやすくなります。

特に資産価値の高い不動産などを担保として提供することによって、銀行は「いざという時に不動産から回収できる」と判断することができるので、審査に通過できる可能性は高くなるでしょう。

会社や代表者やその配偶者など、債務者の関係者の中に有力な不動産などを提供することができないか、確認してみましょう。

審査に通らない人は審査時間がかかる?

審査に時間がかかり疲れている女性

審査に時間がかかったら審査落ちの可能性があると耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

確かに審査時間がかかることは審査に通過できるか微妙なケースもありますが、審査に時間がかかる理由はそれだけではありません。

  1. 審査に通りやすい案件はスムーズに終了する
  2. 繁忙期は審査に時間がかかることも
  3. 不備があると審査に時間がかかる

このように審査に時間がかかる理由は様々です。

銀行融資で審査時間がかかる理由を詳しく見ていきましょう。

①審査に通りやすい案件はスムーズに終了する

一般的に審査に通過しやすい融資案件はスムーズに審査が終了するものです。

例えば信用保証協会の保証付融資の場合には、問題ない企業であれば1日程度で「保証します」という回答が得られることがあり、この場合、トータル1週間程で審査が完了します。

そのため「優良案件は審査に通りやすい」という意見がありますが、これは事実です。

財務的に優良な企業や、資金使途が必要資金の融資案件ほど、スムーズに短時間で審査に通過できる傾向にあります。

②繁忙期は審査に時間がかかることも

一方、融資案件の内容に関わらず、審査に時間がかかるタイミングと存在します。

それが金融機関の繁忙期です。

資金需要が高まり、銀行のノルマ達成のために融資案件の取り扱いが増える3月・9月の年度末、そして年末12月は審査の事務が繁忙になるのでどうしても審査に時間がかかってしまいます。

この時期は、信用保証協会も銀行も取り扱い事務量が多くなるので、優良企業の融資案件だとしても審査には時間がかかってしまいます。

③不備があると審査に時間がかかる

申込書類の不備、必要書類の提出漏れなど、申込時の手続きに不備があると審査には時間がかかってしまいます。

書類の再提出や、申込内容の確認などに時間が取られることになるので審査通過までにはどうしても通常よりもかなり長い時間がかかります。

急いでお金が必要な時は申込時の手続きが雑になってしまいがちですが、申込時の手続きに不備があると審査には余計に時間がかかります。

どんなに急いでいても、申込の手続きは不備なく間違いのないように行うようにしましょう。

まとめ

机

銀行融資の審査に通らない原因として考えられるのが以下の5点です。

  1. 債務超過
  2. 営業赤字
  3. 前回融資から1年未満
  4. 資金使途が不適格
  5. 銀行で返済のトラブルがあった

これらの原因を排除して、以下の審査通過のポイントさえ押さえれば銀行融資の審査に通過することはそれほど難しくありません。

  1. 資金使途を明確にする
  2. 必要書類を漏れなく準備する
  3. 事業計画書を作成する
  4. 返済可能な資金繰り表を作る
  5. 税金を完璧に支払う
  6. 担保と保証人を確保する

低金利な銀行融資で資金調達することが企業にとってはベストです。

審査に通らない原因を把握して、確実に資金調達を行いましょう。