国際ファクタリングを徹底解説!仕組みや信用状との違いは?

地球儀

国際ファクタリングとは、輸入企業向けのファクタリングサービスです。

国際ファクタリングを利用すれば、売掛金の回収リスクを低くすることができ、与信管理をアウトソーシングすることができます。

また取引先が支払い不能になってしまった際には、ファクタリング会社から補償金を受けることも可能です。

本記事では国際ファクタリングについて、仕組みやメリット・デメリットを詳しく解説して参ります。

国際ファクタリングとは?

国際ファクタリングは、日本国内の輸出企業向けのファクタリングサービスです。

海外企業との取引は常に、「売掛金の回収リスク」が付き纏います。

国際ファクタリングを利用すれば、海外企業からの売掛債権を期日前に現金化することができ、さらには売掛金の回収リスクを低くすることができます。

またファクタリング会社に海外企業の信用調査を依頼することができるため、国際ファクタリングを利用すれば与信管理も行うことが可能です。

国際ファクタリングの利用流れ

国際ファクタリングでは、「日本のファクタリング会社」と「海外のファクタリング会社」が重要なファクターとなります。

依頼を受けた日本のファクタリング会社は、海外のファクタリング会社を通じて、海外企業の信用調査を行います。

信用調査の結果が良好であれば、海外のファクタリング会社は売掛金に対して、支払い保証を行います。

つまり万が一、支払いが行われなかった場合には、海外のファクタリング会社が支払いを保証し、日本のファクタリング会社を通じて、売掛金を手にすることができます。

また海外の取引からの支払いは、ファクタリング会社を通じて行われます。

簡単に流れを説明すると、以下の通りです。

国際ファクタリングの流れ

①日本のファクタリング会社に申し込み

②日本のファクタリング会社が、海外のファクタリング会社に取引先の信用調査を依頼

③信用調査の結果、海外のファクタリング会社が売掛金に対して保証を行う

④取引先は、売掛金を海外のファクタリング会社に支払い

⑤海外のファクタリング会社が日本のファクタリング会社に支払いをし、利用企業は日本のファクタリング会社から支払いを受ける

*もしも売掛金が支払われなかった場合には、海外のファクタリング会社から保証金が支払われる

信用状(L/C)と国際ファクタリングを比較

海外企業との取引は、「信用状(L/C)」が用いられることが一般的です。

信用状は銀行経由で発行され、簡単に言えば、銀行が支払いを確約する取引方法となります。

つまり信用状と国際ファクタリングの違いは、

「保証を引き受けるファクター」

ということができます。

ただ信用状を使った取引には、以下のようなデメリットがあります。

信用状を使った取引のデメリット

●銀行への申し込み手続きが面倒
●利用に即して、銀行からの審査がある
●手数料がかかる

国際ファクタリングは、従来の信用状を使った取引のデメリットを保管する目的で、始められたサービスです。

そのため国際ファクタリングには、信用状と比べて、以下のような違いもあります。

国際ファクタリングと信用状の違い

◉審査が行われない
◉売掛債権の全額が保証される
◉申し込み手続きが簡単

それでは、次に国際ファクタリングを利用するメリットを詳しく見ていきましょう。

国際ファクタリングを利用するメリット

いろいろな国のフラッグ

国際ファクタリングを利用するメリットとしては、以下の点が挙げられます。

国際ファクタリングのメリット

◉与信管理のアウトソーシングが可能
◉回収リスクが無くなる
◉必要書類が少ない

それでは順番に解説して参ります。

①与信管理のアウトソーシングが可能

海外企業との取引ですと、与信管理に頭を悩ませている方も多いでしょう。

日本国内に比べて、相手型の信用情報や業績評判などの情報を入手することができず、貸倒になるリスクも高まります。

国際ファクタリングを利用すれば、海外企業の信用調査はファクタリング会社が代行してくれます。

そのため与信管理をアウトソーシングすることが可能です。

②回収リスクが低くなる

国際ファクタリングを利用すれば、海外企業が支払い不能になってしまっても、ファクタリング会社が支払いを保証してくれます。

そのため売掛金が貸倒になってしまう可能性が低くなります。

また売掛金の回収は現地のファクタリング会社が行います。

海外企業への支払督促はとても困難なケースが多く、回収不能になることもしばしばです。

国際ファクタリングを利用することで、面倒な回収業務をアウトソーシングすることもできます。

③必要書類が少ない

利用に即して必要書類が多く、書式に厳しい信用状に比べて、国際ファクタリングは出荷証明書類があれば、利用することが可能です。

申し込みが非常に楽で、簡単に利用することができます。

国際ファクタリングのデメリット

地球を手で持つ人

一方で国際ファクタリングには以下のようなデメリットもあります。

国際ファクタリングのデメリット

◉手数料が割高
◉時間がかかる
◉提供会社が少ない
◉係争事由による支払い不能は担保されない

①手数料が割高

国際ファクタリングの利用には、信用調査費用として1万円程度、そして保証料として売掛金の2%前後がかかります。

一方で、信用状の保証料率は1%以下と、手数料だけを比べると国際ファクタリングの方が高いと言えます。

また国際ファクタリングでは、手数料は輸出側が全額負担するのが一般的です。

②時間がかかる

信用状取引とは異なり、国際ファクタリングの利用には信用調査が行われます。

そのため申し込みから審査結果が出るまでに、時間がかかってしまいます。

③提供会社が少ない

国際ファクタリングは、海外のファクタリング会社との提携や、自国内企業の信用調査を行う必要があります。

そのため現在のところ、国際ファクタリングを提供しているのは、みずほファクターや三菱UFJファクターといった銀行系ファクタリング会社のみです。

選択肢は多くなく、サービス内容にも差が生まれづらいというのが現状となっています。

④係争事由による支払い不能は担保されない

輸出先で戦争・暴動やデモ、大規模なストライキによって売掛金が支払い不能になった場合は、保証の適用外となります。

そのようなリスクが高い国の企業との取引の際には、国際ファクタリングの利用はオススメできません。

国際ファクタリングの利用ケース

世界地図

国際ファクタリングのご利用がオススメなケースとしては、以下の状況が挙げられます。

国際ファクタリングの利用ケース

◉信用状取引が利用できない
◉回収リスクを低くしたい
◉与信管理のアウトソーシングを検討している

順番に解説して参ります。

①信用状の取引が利用できない

取引先の海外企業によっては、コストの高さや信用情報の低さなどで信用状取引を拒否することが多々あります。

信用状が利用できないと、直接送金でしか、取引をすることができません。

しかしながら直接送金の場合ですと、売掛金の支払いが滞りなく行われる保証がなく、回収不能になってしまう可能性も高くなります。

そのような場合には、利用敷居が低い国際ファクタリングの利用がオススメです。

②回収リスクを低くしたい

海外企業との取引において、最も懸念しなければならないのが回収リスクです。

海外企業相手ですと、言語の壁もあり、直接回収に向かうのも一苦労です。

特に輸出債権が多い場合、回収リスクの高さは経営破綻に直結してしまいます。

そこで国際ファクタリングを利用すれば、ファクタリング会社に回収業務を代行することができ、万が一支払い不能になった際には保証を受け取ることができます。

手数料はかかりますが、回収業務にかける時間とコストを考えれば、国際ファクタリングを利用した方が得策かもしれません。

③与信管理のアウトソーシングを検討している

国際ファクタリングを利用すれば、与信管理をアウトソーシングすることも可能です。

取引先が倒産になり、売掛債権を回収できないという状況に陥ってしまうことを防ぐため取引先の信用情報は常に把握しておく必要があります。

国際ファクタリングを継続利用すれば、継続的に取引先の信用情報を得ることができます。

与信管理業務そのものをアウトソーシングすることが可能です。

国際ファクタリングのまとめ

国際ファクタリングは、輸入企業向けのファクタリングサービスです。

国際ファクタリングを利用すれば、売掛金の回収リスクを低くすることができ、与信管理をアウトソーシングすることができます。

また取引先が支払い不能になってしまった際には、ファクタリング会社から補償金を受けることも可能です。

国際ファクタリングのメリット

◉与信管理のアウトソーシングが可能
◉回収リスクが無くなる
◉必要書類が少ない

といったメリットがあり、

国際ファクタリングの利用ケース

◉信用状取引が利用できない
◉回収リスクを低くしたい
◉与信管理のアウトソーシングを検討している

とお考えの方にはオススメのサービスです。