【豆知識】現金が早急に必要なときの対処法

2019-10-08

【豆知識】現金が早急に必要なときの対処法

あしたまでに現金がどうしても欲しい」と焦っている方は世の中にたくさんいるかと思います。

財布を落として現金がなくなってしまった」「ギャンブルでお金を使いすぎてしまった、、、」「支払いが間に合わない」など、現金が早急に必要な方それぞれにいろいろな理由があると思います。
この記事では、早急に現金が必要な方に向けて、どんな手段があるのかを紹介していきます。

自分が持っているものを売る

まずは、誰もが思いつくような方法ですが、自分の持っているものを現金化するということ。相場が高いものだと、時計やブランド物を売るということが定番です。

メルカリなどを使うことにより、お店で買ってもらうよりも高い相場で物を売ることができますが、日数がかなりかかってしまうので早急に現金が必要な場合には、少し厳しくなりますね。まず最初に現金化する方法としては、ものを売ることだと言えます。

iTunesカードやAmazonギフト券を売る

値段が落ちずにかなりの高価格で買い取ってもらえるのがこちらのアイテムです。iTunesカードややAmazonギフト券を売ることにより早急な現金化を狙うことができます。

これらの現金化は、場所によっては現金化率90%で買い取りしてくれる場所も存在します。もし早急に現金が必要でギフト券などを持っている場合は、この方法がおススメ。この方法は、使い方がとっても簡単で、登録してコードを入力するだけで約30分後には入金されています。

ギフト券がお手軽に現金化できること、なんだか時代の変化を感じますね。

消費者金融機関を使う

消費者金融を使うことで早急な現金を調達することもできます。審査も約1時間程度で終わるので、審査を通過すれば、すぐにでも現金を調達することができます。

ただ、消費者金融を使うということは、借金をするということです。返済期間が長くなると、多額の利息を支払うことになります。

最近大手の消費者金融では、1か月以内に全額返済することができれば、無利子で現金を貸してくれるのが一般的になってきました。

すぐに返済が可能な方にはおススメの方法です。審査もそこまで厳しくなく、ふつうにバイトをしている一般人でも30万円~50万円であれば、簡単にお金を借りることができます。

ただ、バイトをしている学生が50万円を借りて、社会人となり返済に苦労をしているなんて例を多く見てきたので、借りるのであれば、計画性を持ってお金を借りることをおススメします。利率もかなり高めとなっていますので、返済できる金額の範囲内でお金を借りるようにしましょう。

ファクタリングを使う

ファクタリングというサービスを使うという方法もあります。ファクタリングとは、簡単に言えば、あなたが持っている売掛金(給料などを含む)をファクタリングを行っている会社に売ることができます。

手数料は約5%~となっていて、現実的な数字は10%くらいです。
例えば、あなたの給料が20万円だとして、すぐにでも10万円が必要という場合は、10万円の手数料は約1万円のイメージです。

約10%の金額をファクタリング会社に支払うことで即日にでも現金を受け取ることができます。

この方法のメリットは手数料はかかるものの、支払いに利息がないことです。また、売掛金をファクタリング会社に売っているので、借金ではないということ。借金ではなく「商品売買」ということになります。

利息がないことによって、長い期間にわたる返済に頭を悩ませることがなく、即日で現金を調達することができます。また、ブラックに登録されている人間であってもしっかりとした売掛金が見経っていれば、ファクタリングを使用できると言った点もこのサービスの利点です。

ファクタリングは大きな金額案件にも対応

ファクタリングは、会社によっては3億円などの大きな案件にも対応してくれます。こういったサービスは、建設会社や運送会社などで多く使われています。

例をあげるとすれば、高層ビルを建設するのに約3年の期間がかかるとします。莫大な売掛金があるのにも関わらず、現金が手元にない、なんていう会社も存在します。

また、黒字なのにも倒産してしまったなんて例も少なくはないのです。そんなときはファクタリングを使うことで、会社の存続を守ることができます。

ファクタリングはこういった企業たちにとっては必要不可欠なサービスなのです。またメリットとしては、情報漏洩の心配がないので、安心してサービスを使うことができることです。

株式会社の場合は、会社のピンチなどが世間に知れ渡ってしまえば、一気に株価は落ちて、余計に会社が追い込まれてしまうかもしれません。

ファクタリングは、そういった情報が絶対に漏れることがないので、安心して使うことができます。もし大規模な現金調達が必要な場合は、自分に合ったファクタリング会社を見つけて検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、現金が早急に必要となってしまったときの対処法をいくつか紹介していきました。

最終的に頼ることができるのは、消費者金融やファクタリングであると思います。消費者金融は利率が高く、返済期間が長いですが、苦労して返済している方が多いので、計画性が必要です。

個人的には、消費者金融を使うのであれば、ファクタリングを使うことがおススメ。手数料がかかるものの、利率が一切ないので、自分の限界に見合った金額を調達することができます。

また、長い期間の返済に頭を悩ませることがないので、もし早急にお金が必要な方はファクタリングを使うのが得策です。

大きな案件にも対応していますので、現金が早急に必要で困っている企業の方にもファクタリングはおススメできます。