ファクタリングはどんな業種の方が使っているのか?

2019-09-17

ファクタリングはどんな業種の方が使っているのか?

近年のファクタリングは、経済産業省や金融庁に”正当な現金調達手段”と述べられたことにより、徐々に使用している企業が増加しています。

元々ファクタリングは売掛債権を売買するものであり、お金の貸し付けをするものではございません。一部の闇金業者がファクタリングと偽り、摘発されたことによりファクタリングを怖がる人や偏見を持つ方が増えてしまいした。一時はファクタリング業者を装った闇金業者の出現により、悪評を呼んでしまいましたが、現在では国に認められたことにより、ファクタリング業界の信用度も回復しています。

この記事では、ファクタリングとはどんな業種の方が使っているのかを調査していきます。また、ファクタリングを使った方の資金用途も一緒に紹介していきます。

ファクタリングはどんな業種の方が使っているのか?

ファクタリングのメインとなっている顧客は、このような業種の経営者が多い傾向にあるようです。

・建設業
・製造業
・卸売り、小売業
・運送業
・医療福祉業

このような業種の方がファクタリングを利用している例が多いです。ファクタリングは小規模なものもあり、個人事業主や一般の会社員の方も会社によっては使うことが可能です。

建設業 Aさん(資金用途 材料費)

災害の影響で復旧工事を行っていたところ、材料費が予想を大幅に上回る金額になってしまい、現在の現金では足りなくなってしまったそうです。そこで、ネットの情報でファクタリングというサービスを知り、問い合わせた結果、翌日には現金を調達することができたそうです。

内装業を営む個人事業主 Bさん(資金用途 賞与資金)

従業員の賞与を用意していましたが、別の用途で利用してしまい、賞与期日が迫ってきてどうしようか悩んでいるときにファクタリングという制度を知ったそうです。

売掛金はあったのですが、個人事業主だと断られてしまう会社が多かったと言います。数社に問い合わせたところ、現金を調達してくれる会社を見つけることができ、しっかりと従業員に賞与を与えることができたと言っています。

印刷業 Cさん(資金用途 運転資金)

取引企業が倒産してしまい、事業が傾き運転資金が必要となっていたところでファクタリングを知り、利用しようと決心したそうです。

インターネットが苦手な私でも簡単に申し込みをすることができて、会社のピンチをファクタリングによって乗り越えることができたと語っています。支払先への未払いを防ぐことができたりと、とても満足している様子でした。

電子部品の製造業者 Dさん(資金用途 事業拡大の設備資金

新規案件に対する設備を先行投資しなくてはいけない際に現在の資金では足りなくなってしまったところでファクタリングを使うことになったそうです。当初は銀行での融資を考えていたそうですが、審査が厳しく、時間が限られていたため、即日で現金が調達できるファクタリングを選んだと言っています。

銀行と違って3日で現金が調達できたため、問題なく事業を進行させることができました。

貨物輸送業 Eさん(資金用途 突発的な出費)

従業員が思わぬ事故を起こしてしまい、突如2000万円の費用が発生してしまったそうです。そこでファクタリングを使うことにより、月末までの資金を調達ができ、事業を継続させることができたと言っています。

デイサービス Fさん(資金用途 運転資金)

デイサービスの利用者が少ない頃に従業員の給与が支払えないという事態が発生してしましました。
そんなときにファクタリングを知り、なんとか資金を調達して従業員に給料を支払うことができたそうです。現在では利用者も増加していき、銀行からの融資を受けられるようになったと聞きます。

内科・小児科 Gさん(資金用途 運転資金)

長いこと勤務医として働いてきましたが、自分の病院を持つ夢をあきらめず、病院を改行しましたが、上手く軌道に乗ることができなかったそうです。そこで運転資金も底を尽きてしまい、銀行からも融資を受けることができませんでしたので、ファクタリングを使っているそう。
銀行融資を受けることができるようになるまでは、つなぎとしてファクタリングを使っていく予定だと言っています。

まとめ

今回は、ファクタリングを使っている顧客や資金用途を調査して、利用者たちの声を紹介していきました。

どんな業種の方がファクタリングを使っているのかという現実を見ていると、運送業者の方が多いように思います。また、銀行の融資を受けることができなかった方がファクタリングを使っていることが多く、日本の厳しい現実を突き当りにしますね。

この記事を読んで、ファクタリングサービスが一企業の未来を変えていることがお分かりいただけたかと思います。今後ファクタリングは、利用者が増えていき手数料が下がっていき、より利用しやすいサービスとなっていくことが予想されています。

ファクタリング業界が今後どのような展開で動いていくのか、それによって日本の経済はどのように変化していくのかという点に注目が集まっています。