ビジネスローン(事業者向け)の仕組みやご利用方法を詳しく解説いたします。おすすめ会社への一括査定を行うことで即日でご利用が可能なビジネスローンを手間なく簡単に見つけることが可能です。

ビジネスローンを活用した資金調達方法を詳しく解説

ビジネスローンを解説する女性

法人経営者や個人事業主の方は、事業を行っていく中で資金繰りに悩む事業者は多くいると思います。

万が一のときに備えて、事業資金を確保することや資金調達方法の理解を深めることも大切になってきます。

今回はビジネスローンを活用した資金調達方法を詳しく説明致します。

ビジネスローンとは?

ビジネスローンは、事業主「法人経営者」や「個人事業主」を対象にした事業資金のための無担保ローンのことを指します。

銀行融資とビジネスローンで検討される方も多いと思いますが、

銀行融資と比べて、使い分けるべきポイントとして

  • 銀行融資の審査に落ちた場合
  • 銀行融資の審査を待っている余裕がない場合
  • 大きな金額が必要でない場合
  • 税金を滞納している

といった場合に有効な資金調達手段になります。

商工ローンとは違うの?

商工ローンとは借入を検討していれば一度は耳にしたことがあると思われますが、

元々は、ビジネスローンが誕生する前にノンバンクが始めたローン商品になります。

ビジネスローンとの違いはほとんどなく、企業の経営者向けの事業資金のローンサービスです。

商工ローンという呼び名で提供していた会社も、現在ではビジネスローンという名称に切り替わっておりますので明確な違いもございません。

こちらの記事では、ビジネスローンとは?についてを説明しております。

ビジネスローンの特徴とは?

考える女性

銀行融資と比較されるビジネスローンの特徴として、と比べて以下の特徴があげられます。

  1. 融資までのスピードが早い
  2. 審査が銀行よりも甘い
  3. 総量規制対象外
  4. 使い道(資金使途)に縛りがない
  5. 銀行融資と比較して金利が高い
  6. 高額の借入れが出来ない
  7. 創業1年未満の会社は対象外
  8. WEB完結で非対面で申込が可能

それでは、詳しく解説していきます。

1,審査と融資までのスピードが早い

ローン会社によって異なる部分はありますが、申込をしたその日に融資が受けられる場合もあります。

審査は最短で30分と謳っている会社もあり、そこまで素早く審査及び融資ができる要因はスコアリングシステムという機械によって審査の可否を処理しているので「即日審査」及び「即日融資」が可能となっております。

2,審査が銀行よりも甘い

ビジネスローンの審査基準は銀行より緩くなっております。

そのため、銀行と比べてビジネスローンの金利は高く設定されております。

なぜなら、審査が緩い分貸倒れリスクが大きくなるのでリスクをカバーするために金利が高くなっております。

3,総量規制対象外

ビジネスローンは総量規制対象外のため、経営者の年収の3分の1以内の金額でなくても借りられることができます。

法人経営者は、税金対策のため役員報酬(給与所得)を低く設定されているケースも少なくないと思いますがそういった場合でも、ビジネスローンは年収に左右されず借入れが可能です

4,使い道(資金使途)に縛りがない

ビジネスローンで融資をされるお金は、原則的に使い道(資金使途)は自由になります。

銀行とは異なり、見積書などの資金使途確認資料の提出は求められないので自由に使うことができます。

5,銀行融資と比較して金利が高い

ビジネスローンの利用で一番ネックになる部分と言えるのが金利の高さです。

銀行融資と比べて勿論、良いことばかりではありません。

極端な話ですが、闇金でも審査が甘いということは貸す側も貸倒れされるリスクが高くなる以上はその分金利も高くなるのは当然です。

ビジネスローンはどこも金利が高いので、金利だけでなく利便性や返済方法などを加味して自分に合った商品を選びましょう。

6,高額の借入れが出来ない

ビジネスローンは銀行融資と比べて高額の借入れができず、融資金額の上限は1,000万円となっております。

1,000万円以上の資金調達が必要な場合は、ビジネスローン(ノンバンク)以外の借入れ方法を選びましょう。

7,創業1年未満の会社は対象外

ビジネスローン会社の審査方法がスコアリングシステムを用いており、創業1年未満の場合スコアリングシステムに必要な書類が用意できないためその時点で利用ができないようになっております。

8,WEB完結で非対面で申込から融資を受けられる

ビジネスローンの申込方法はWEB申込みで来店不要でWEB完結で融資まで受けられることが可能です。

事前に確認する点としては、銀行系は来店が必要になるケースが多いですが、ノンバンク系のビジネスローンで公式サイトに来店不要と明示されているか確認致しましょう。

また、審査落ちが心配で審査の申込みに時間を取られたくない方は、各銀行やノンバンクのホームページから3~5秒診断といった「年齢」,「年収」,「他社カードローン借入れ状況」を入力すれば借入れ可否の診断もできるところもございます。

ビジネスローンの特徴についてはこちらの記事で詳しく解説しております。

ビジネスローンはどう選んだほうがいい?

考える男性

ビジネスローンは銀行やノンバンクが主体として取り扱っております。

選ぶべき4つのポイントを目安として選ぶことをおすすめ致します。

  1. 法人や個人利用の可否について
  2. 審査のスピード
  3. 金利
  4. 来店の有無

それでは、選び方の基準について詳しく解説していきます。

法人や個人利用の可否について

一般的に、法人と個人のどちらもビジネスローンを利用できる会社がほとんどですが、なかには、法人のみや個人事業主限定でサービスをしている会社もあるので、事前に確認されるのがベストです。

審査のスピード

融資が開始されるまでのスピードは会社によって異なりますが、申込みから2~3週間程度かかる会社もあれば、「最短即日融資」が可能な会社もあります。

資金が必要なタイミングと融資までの日数がどれくらいかかるのか調べてから選びましょう。

金利

金利は経営者にとって重要な選ぶべきポイントになります。

ポイントとしては、上限金利の低さと限度額の大きさを見て判断をして、

尚且、ローン会社によって金利が異なりますので、相見積をって金利を比較検討をしましょう。

来店の有無

銀行融資と比べて、ビジネスローンではWEB完結で申込みから契約を出来るのがメリットの一つなので

早く融資を受けたい方は来店が不要か確認を取りましょう。

ビジネスローンで借入れをする6つのメリットを解説

青い階段

ビジネスローン(事業者ローン)での資金調達は銀行融資と比べても様々なメリットがございます。

まず、考えられるメリットとして6つ挙げてみました。

  1. 即日の融資が可能
  2. 担保と保証人が不要
  3. 審査が通りやすい
  4. 非対面でWEB完結で契約が可能
  5. 総量規制対象外
  6. 使い道が自由(資金使途不問)

それでは、ビジネスローンを活用した資金調達の6つのメリットを解説していきます。

1,即日の融資が可能

基本的にビジネスローンはどこも最短即日で融資を受けれることが可能です。

急に資金がどうしても必要なときに味方になってくれるのがビジネスローンの長所と言えます。

2,担保と保証人が不要

ビジネスローンでは無担保で保証人が不要というが大きい長所でもあります。

保証人が不要というだけで、保証人を探したり,家族や親族にお願いする必要がないので時間的コストと労力が省かれるのでメリットの一つと言えます。

3,審査が通りやすい

ノンバンクのビジネスローンは全般的に審査が通りやすいです。

審査方法もスコアリングシステムという機械的手法で審査を行っているので

銀行のような対人での面談が行われないことからスムーズに審査が進みます。

4,非対面でWEB完結で契約が可能

忙しい経営者にとっては、日中にわざわざ店舗に足を運んで手続きをするのは避けたいと思います。

ですが、ビジネスローンでは比較的WEB完結で手続きが行なえるので効率よく資金調達が行えます。

5,総量規制対象外

総量規制では、借りられるお金の総額が年収の3分の1までと制限されますが、

ビジネスローンの長所は総量規制対象外なので年収の3分の1でなくてもお金を借りることができます。

6,使い道が自由(資金使途不問)

ビジネスローンでの融資は、原則使い道が自由(資金使途不問)なのでメリットの一つと言えます。

但し、借りるところが資金使途不問で確認書類など不要かどうか確認されたほうがいいでしょう。

こちらの記事ではビジネスローンで資金調達をするメリットについて詳しく解説しております。

ビジネスローンで借入れをする4つのデメリットを解説

赤い階段

ビジネスローン(事業者ローン)のメリットについて紹介しましたが、メリットばかりではなく思わぬ落とし穴も存在します。

ビジネスローンによる融資のデメリットは3つ考えられます。

  1. 高金利
  2. 銀行にバレてしまうと評価が落ちる
  3. 経営的な相談は乗ってくれない
  4. 創業資金は借りられない

デメリットについて3つのポイントで詳しく解説していきます。

1,高金利

ビジネスローン(事業者ローン)で一番と言っていいほどネックな部分が金利が高いことです。

ビジネスローンの金利はどこも、利息制限法という法律で定められた上限ギリギリの18%程度で設定されております。

利息の負担ほど勿体ないものはないので最大のデメリットと言えます。

2,銀行にバレてしまうと評価が落ちる

銀行にビジネスローンで融資を受けていることが発覚すると、銀行の評価が下がる恐れがございます。

当然、ビジネスローンを利用するということは経営が不安定というマイナスイメージになるのは間違いありません。

3,経営的な相談は乗ってくれない

勿論、ノンバンクのビジネスローンを受ける場合は銀行と違いビジネスローンという商品やそれに付随する商品を販売することが目的なので銀行と違い経営的な相談は受けれないのがデメリットの一つと言えます。

4,創業資金は借りられない

銀行融資とは違って、ビジネスローンは創業から1年を経過していないと受けられません。

その理由としては、審査方法が機械で行うスコアリングシステムを用いており

審査に必要な書類が創業から1年を経過していないと用意できない物だからです。

こちらの記事ではビジネスローンで資金調達をするデメリットについて詳しく解説しております。

ビジネスローンの審査基準はどうなっている?

スコアリングしてる様子

ビジネスローン(事業者ローン)の申込みを検討されている経営者で、審査落ちが心配な方も多くいると思います。

数多くあるビジネスローンですが、審査基準は大きく分けて4つあります。

  1. スコアリングシステムによる審査
  2. 決算書の内容を点数化
  3. 個人信用情報も確認される
  4. 資産の状況も審査に影響する

ビジネスローンの審査基準について4つのポイント別で解説していきます。

1,スコアリングシステムによる審査

ビジネスローン(事業者ローン)の多くはスコアリングシステムという審査方法を行っております。

機械的な審査方法なので人間による審査に左右はされませんが、決算書の内容が重要になってきます。

2,決算書の内容を点数化

スコアリングシステムによる審査で、決算書の内容を軸に「企業の属性」,「業務年数」,「借入状況」などが審査に重要な内容になります。

スコアリングシステムの審査内容については企業秘密になっているため公開されておりませんが、

高い点数を取ることが重要になります。

代表者個人の信用情報も確認される

ノンバンクのビジネスローンでも、闇金とは違うので当然法人経営者及び個人事業主の信用情報の確認はしております。

ブラックの場合は審査に通過することができない可能性があるので注意しましょう。

所有している資産も審査に影響する

ビジネスローンの審査では、法人及び個人事業主の場合でも資産を持っていれば審査に有利に働きます。

貸す側も回収できなかった場合のリスクを懸念しているので資産を所有していれば審査に通過する可能性があがります。

こちらの記事ではビジネスローンの審査基準について詳しく説明しております。

まとめ

戦略を立てる様子

ビジネスローンは銀行融資よりも優れている点はいくつかご理解いただけたかと思いますが、

銀行融資で借りることができない要因と比較し、総合的に判断をした上でビジネスローンを活用しましょう。

楽天グループには楽天グループで金融サービスやネット通販などを利用している事業者までだけが利 ...

2020-09-11

ビジネスローンには「独自審査」という審査基準があります。 簡単に言えば独自審査とは「大手と ...

2020-09-04

個人事業主は銀行融資には不利で、個人向けカードローンなども借りることが難しい属性です。 そ ...

2020-09-02

会社や個人事業主などの事業者が借りることができるカードローン「ビジネスカードローン」につい ...

2020-08-31

会社で必要なお金を借りたいと考えた時、「銀行融資の審査に通過できない」「銀行融資では間に合 ...

2020-08-27

お金がない時、銀行の審査に通過できない時、急いでお金が必要な時など「絶対に審査に落ちるわけ ...

「担保や保証人がないとお金を借りることができない」そう思っている人も多いのではないでしょう ...

ビジネスローンとファクタリング。どちらも最短即日資金調達することができる、事業資金の有効な ...

「急いでお金が必要」このような時には最短即日融資にも対応しているノンバンクのビジネスローン ...

銀行の事業資金融資よりも借りやすいというイメージのあるビジネスローンですが、闇金以外は審査 ...