あなたに合ったビジネスローンはどこ!?ケース別におすすめビジネスローンを10社ご紹介します!

ケース別におすすめビジネスローンを10社ご紹介する女性

ビジネスローンとは、ノンバンクが提供する事業資金と、銀行などが民間の保証会社をつけて提供する事業資金のことを示します。

法人や個人事業主などの事業者の資金調達手段として最もメジャーなのが銀行や信用金庫の信用保証協会の保証付融資と日本政策金融公庫からの借入ですが、ビジネスローンはこれらの資金調達法の代替手段として活用することができます。

資金調達手段の1つとしてビジネスローンの特徴について理解しておいて損はないでしょう。

ビジネスローンで資金調達するメリットとデメリットを徹底解説していきます。

ケース別におすすめビジネスローンも10社紹介していきますので、ビジネスローンの借入を検討している人や、ビジネスローンに抵抗感を持っている方はぜひご覧ください。

ビジネスローンで資金調達するメリット

ビジネスローンで資金調達するメリットを思い浮かべるビジネスマン

ビジネスローンで資金調達することには主に3つのメリットがあります。

  1. 審査に通りやすい
  2. すぐにお金を借りることができる
  3. 無担保・保証人なしで融資を受けられる

すぐに簡単にお金を借りることができるのが大きな特徴です。

ビジネスローンの3つのメリットについて詳しく解説していきます。

①審査に通りやすい

ビジネスローンは銀行融資と比較して圧倒的に審査に通りやすいのがメリットです。

銀行融資では赤字や債務超過の場合には審査に通過することが難しくなります。

また税金を滞納している場合にも審査通過は不可能です。

ビジネスローンであれば、赤字、債務超過、税金滞納している企業でも審査に通過できる可能性があります。

業況や資金繰りが悪く、銀行や信用金庫や日本政策金融公庫からお金を借りることができなくても、ビジネスローンであれば審査に通過してお金を借りることができる可能性があります。

②すぐにお金を借りることができる

ビジネスローンは急いでお金が必要なときも最適です。

多くのビジネスローンが申込日当日に融資を受けることができる即日融資に対応しています。

「取引先からの入金が急に無くなった」
「手形の決済日にお金が用意できない」

このように急いでお金が必要な場合には、即日融資を受けることができるビジネスローンは最適です。

銀行融資では申し込みから融資まで2週間程度かかるものが最短即日で借りることができるのはビジネスローンの大きなメリットだと言えます。

③無担保・保証人なしで融資を受けられる

ビジネスローンは担保なし、保証人なしで融資を行うのが基本です。

審査で重要になるのが申込企業の業況ですので、資産を持っていない企業や有力な保証人を用意することができない企業でも、業況に大きな問題がない限りは融資を受けることができる可能性は高いと言えます。

銀行融資では申込事業者の資産状況なども審査で重視されますが、ビジネスローンでは資産がある企業もない企業も平等な条件で融資を受けることができるのが大きなメリットです。

ビジネスローンで資金調達するデメリット

ビジネスローンで資金調達するデメリットに頭を抱える女性

銀行融資の審査に通過することができない人でも、無担保ですぐにお金を借りることができるビジネスローンですが、デメリットも2点あるため注意が必要になります。

  1. 金利が高い
  2. 決算書の評価が下がる

ビジネスローンの2つのデメリットについてもしっかりと把握しておきましょう。

①金利が高い

ビジネスローンは金利が高いのが最大のデメリットです。

ビジネスローンの金利は15%〜18%程度の法定上限金利ギリギリです。

銀行や日本政策金融公庫の融資では、1%台で借りることができる商品も多い中、ビジネスローンの利息負担は圧倒的に高いと言えます。

1年間100万円を借りた場合、金利15%であれば利息負担だけで15万円にもなり、ビジネスローンの利息負担は圧倒的に経常損益を圧迫することになります。

ビジネスローンを借りるのは本当に資金が必要な短期間のみとし、慢性的に利用することは避けるようにしましょう。

②決算書の評価が下がる

ビジネスローンを利用すると決算書の評価が下がる可能性があります。

決算書には借入金の明細が記載されていますが、ビジネスローンを利用するとビジネスローンを借りているという内容も記載されます。

銀行や日本政策金融公庫はビジネスローンを利用している企業を低く評価する傾向があります。

ビジネスローンを利用している企業のことを「資金繰りが苦しい企業」とネガティブに評価するので、格付などが低下してしまう可能性大です。

ビジネスローンを利用すると銀行評価が下落するのもデメリットの1つだと言えるでしょう。

低金利での資金調達なら銀行ビジネスローン!!

低金利での資金調達なら銀行ビジネスローンをおすすめする女性

「できる限り低い金利でビジネスローンを利用したい」という人には、銀行のビジネスローンがおすすめです。

銀行のビジネスローンはビジネスローンの中でも比較的低い金利が設定されており、通常の事業資金よりも審査に通りやすくなっています。

また、銀行ならでは安心感があるのもメリットでしょう。

おすすめの銀行ビジネスローンとして以下の2社をあげることができます。

  1. みずほ銀行「スマートビジネスローン」
  2. ジャパンネット銀行「ビジネスローン」

2つの銀行ビジネスローンの特徴等について詳しく解説していきます。

①みずほ銀行「スマートビジネスローン」

融資対象者みずほ銀行に一定期間、口座(普通預金または当座預金)を保有している
みずほ銀行に借入残高がない

みずほ銀行からのインビテーションを受けた法人
金利1%台~14%
融資限度額10万円以上、最大1,000万円
返済期間12ヵ月以内
融資スピード1週間から2週間程度

みずほ銀行のビジネスローン、「スマートビジネスローン」はみずほ銀行からインビーテションを受けた法人だけが利用することができるローンです。

金利には幅があり、審査によっては1%台の低金利で借りることができる場合もあるビジネスローンです。

融資までにはそれなりに時間がかかってしまい、個人事業主は利用することができないという点に注意が必要です。

②ジャパンネット銀行「ビジネスローン」

融資対象者法人・個人事業主
金利4.8%〜13.8%
融資限度額500万円
返済期間1年
融資スピード1週間〜2週間程度

ジャパンネット銀行のビジネスローンは以下のように融資対象者によって商品内容が分かれているのが特徴です。

  1. 法人向け
  2. 個人事業主向け
  3. Yahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者向け
  4. freee会員専用
  5. USS会員専用

それぞれ、金利等の条件が異なり、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者向けのローンでは1.45~8.20%の低金利で融資を受けることができます。

最大でも13.8%ですので、金利的なメリットはビジネスローンの中でも大きいと言えます。

Yahoo!ショッピングやヤフオク!に出店していなくても、比較的有利な条件で融資を受けることができるので「低金利でビジネスローンを借りたい」という人は、ジャパンネット銀行でビジネスローンの借入を検討するとよいでしょう。

安心の大手信販会社ビジネスローン!!

安心の大手信販会社ビジネスローンを進める女性

銀行ビジネスローン以外に、安心できるビジネスローンとして大手信販会社のビジネスローンがあります。

名前の聞いたことのない貸金業者が提供していることも多いビジネスローンですが、名前の聞いたことがない業者からお金を借りることは怖いと感じる人も多いのではないでしょうか?

そのような人は、大手信販会社が提供する以下の2つのビジネスローンがおすすめです。

  1. オリックスクレジット「VIPローンカードBuisiness」
  2. オリコ「CREST for Biz(クレスト フォービズ)」

大手信販会社が提供する2つのビジネスローンについて詳しく解説していきます。

①オリックスクレジット「VIPローンカードBuisiness」

融資対象者業歴1年以上の個人事業主法人格を有する事業の代表者
金利6.0%~17.8%
融資限度額500万円
返済期間最長10年2ヵ月・122回払い
融資スピード最短即日

オリックスクレジットのVIPローンカードBuisinessは、個人事業主と法人代表者が利用することができる点が特徴的なビジネスローンです。

使い道は事業資金と消費資金、どちらに使っても自由であるため、個人事業主や法人代表者がカードローンの代わりに利用することもできます。

また、審査は最短60分で完了し、審査通過後はすぐに振り込みで融資を受けることができるので、高い確率で即日融資を受けることが可能です。

ローンカードも郵送で2営業日後には届くので、無人契約機がないローンとしては、融資もカード発行も非常に早いビジネスローンとして定評があります。

急いでお金が必要な時にもVIPローンカードBuisinessは活用できるビジネスローンだと言えるでしょう。

②オリコ「CREST for Biz(クレスト フォービズ)」

融資対象者個人事業主
金利6.0%~18.0%
融資限度額300万円
返済期間159ヵ月以内
融資スピード最短即日

オリコのCREST for Biz(クレスト フォービズ)は個人事業主専用のビジネスローンです。

融資金額は300万円までと少額ですが、個人信用情報に問題がなければ比較的簡単に審査に通過できる可能性があります。

また、平日なら13時30分までに契約と振り込み受付が完了すれば、申込日当日に即日振込を受けることができます。

急いで少額の融資を受けたいという個人事業主に、オリコのCREST for Biz(クレスト フォービズ)は活用できるでしょう。

すぐに資金調達したいなら大手消費者金融ビジネスローン!!

すぐに資金調達したいなら大手消費者金融ビジネスローンをおすすめする二人の女性

「急いで資金が必要」という場合には、大手消費者金融のビジネスローンがおすすめです。

大手消費者金融は個人向けカードローンで培ったノウハウがあるので、とにかく即日融資に強いという特徴があります。

即日融資に強い大手消費者金融のビジネスローンとしてあげることができるのが以下の3つです。

  1. プロミス「自営者カードローン」
  2. アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」
  3. アコム「ビジネスサポートカードローン」

大手消費者金融のビジネスローンについて詳しく解説していきます。

①プロミス「自営者カードローン」

融資対象者個人事業主
金利6.3%~17.8%
融資限度額300万円
返済期間最長6年9ヶ月
融資スピード最短即日

プロミスの自営者カードローンは大手消費者金融のプロミスが運営する個人事業主専用のビジネスローンです。

プロミスが誇るスピード審査、即日融資に強いのが特徴で、最短30分審査回答があり、審査通過後に日本全国に約1,000箇所設置されている無人契約機で即日ローンカードの発行を受けることができます。

資金使途も自由で、事業資金と消費資金どちらにも利用することが可能です。

個人向けカードローン審査に通過することが難しい個人事業主が、個人向けカードローンの代用品として利用するとよいでしょう。

②アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」

融資対象者法人・個人事業主
金利3.1%〜18.0%5.0%〜18.0%(カードローン)
融資限度額1,000万円
返済期間元利均等返済:最長5年(60回以内)元金一括返済:最長1年(12回以内)
融資スピード最短即日

アイフルビジネスファイナンスは、大手消費者金融のアイフルの関連会社が運営するビジネスローン専門会社で、以前は「ビジネクスト」という社名でビジネスローンで高いシェアを誇っており、今は親会社のアイフルの名前を冠した社名へ変更しています。

法人も個人事業主も利用することができ、最短即日融資にも対応しています。

また融資限度額は1,000万円と高額融資を受けることができるのもアイフルビジネスファイナンスの大きな特徴です。

大きなお金を借りたい時に、活用できるビジネスローンだと言えるでしょう。

③アコム「ビジネスサポートカードローン」

融資対象者自営業者
金利12.0%〜18.0%
融資限度額300万円
返済期間最長8年7ヵ月
融資スピード最短即日

アコムのビジネスサポートカードローンも個人事業主専用のビジネスローンで、最短30分審査回答、即日融資に対応しています。

ビジネスサポートカードローンは審査通過後に、日本全国1,000箇所以上に設置されているアコムの無人契約機「むじんくん」で契約することができ、即日カード発行を受けることも可能です。

プロミスと並び、最も即日融資に強いビジネスローンだと言えるでしょう。

資金使途も自由ですので、事業に必要な資金だけでなくプライベートの消費資金にも利用することが可能です。

審査に自信がないのであれば中小消費者金融ビジネスローン!!

審査に自信がないのであれば中小消費者金融ビジネスローンをおすすめするビジネスウーマン

「審査に自信がない」、「大手のビジネスローン審査に落ちた」という人は中小消費者金融のビジネスローンに申し込みを検討しましょう。

中小の消費者金融は大手とは異なる審査基準である、いわゆる独自審査という審査を行なっており、大手の審査に落ちた事業者でもビジネスローン審査に通過できる可能性があります。

有名な中小消費者金融として以下の3社が挙げられます。

  1. ビジネスパートナー 「ビジネスローン」
  2. ユニーファイナンス「事業者向けビジネスローン」
  3. キャレント「ビジネスローン」

中小消費者金融のビジネスローンについて、詳しく解説していきます。

①ビジネスパートナー 「ビジネスローン」

融資対象者法人・個人事業主
金利9.98% 〜 18.0%
融資限度額500万円
返済期間最長5年(60回以内)
融資スピード最短5営業日

ビジネスパートナーもビジネスローンでは有名な中堅の貸金業者です。

法人も個人も利用することができるビジネスローンです。

事業資金以外には利用することができない純然たるビジネスローンですので、必要もない資金は借りることはできません。

融資までには比較的時間がかかるので、急いで資金が必要な時には早めに申し込みを行いましょう。

②ユニーファイナンス「事業者向けビジネスローン」

融資対象者法人・個人事業主
金利12.0%〜17.95%
融資限度額200万円
返済期間3年
融資スピード最短即日

ユニーファイナンスのビジネスローンは、最短即日で融資を受けることができます。

融資限度額は最大200万円までと少額ですので、個人事業主が少額のお金をすぐに借りたい時に活用することができます。

審査も独自の基準で行なっているため、大手のビジネスローン審査に通過することができなくても、お金を借りることができる可能性があります。

③キャレント「ビジネスローン」

融資対象者法人
金利7.8%~18.0%
融資限度額500万円
返済期間最長120ヶ月
融資スピード最短1営業日

あまり有名ではありませんが、キャレントも中小のビジネスローンとしては評価が高いビジネスローンです。

最長10年で返済することができる長期返済に対応しているので、毎月の負担を軽減しつつ無理なく返済することが可能です。

また、審査基準も独自審査と呼ばれる独自の基準で行われるので、大手消費者金融や銀行のビジネスローン審査に落ちてしまった人でもお金を借りることができる可能性があると言えるでしょう。

ただし、キャレントのビジネスローンは法人限定で、個人事業主は利用することができないので注意してください。

まとめ

ウッドデッキ

ビジネスローンで資金調達する場合には以下のメリットがあります。

  • 審査に通りやすい
  • すぐにお金を借りることができる
  • 無担保・保証人なしで融資を受けられる

銀行融資の代替として様々なメリットがあるのは事実ですが、金利が高く銀行からの評価が下がるというデメリットには注意する必要があります。

利用するのは本当に困った時に短期間だけとし、決算をまたぐような長期利用をすることはおすすめできません。

銀行・信販会社・大手消費者金融・中小の貸金業者とそれぞれのビジネスローンを扱っているため、それぞれの特徴や違いを理解して、自社にとって最も適したビジネスローンを活用するようにしてください。