【2020年最新版】人気のビジネスローンの口コミ・評判|人気のビジネスローン審査に通る方法徹底解説!

2020-08-31

会社で必要なお金を借りたいと考えた時、「銀行融資の審査に通過できない」「銀行融資では間に合わない」という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

銀行融資では資金繰りができないときに重宝するのがビジネスローンです。

ビジネスローンは銀行融資の審査に通過できない業況の悪い企業でも、最短即日で資金調達することができる可能性があります。

しかし、今やビジネスローンは無数に存在するため、商品選択に困ってしまいます。

この記事では2020年おすすめビジネスローンの口コミや審査基準を紹介していきます。

会社に資金が必要になった時のため、優良ビジネスローンについて頭に入れておきましょう。

ビジネスローンとは?

疑問を抱く猫

まずは簡単に「ビジネスローンとは何か」ということについて解説していきます。

ビジネスローンの特徴を簡単に挙げると以下の6つに絞られるでしょう。

  1. 無担保の使い道自由な事業資金
  2. 総量規制対象外
  3. 審査は銀行融資よりも甘い
  4. 金利は高い
  5. ノンバンクが融資することが多い
  6. カードローンタイプでいつでも借入可能

ビジネスローン6つの特徴について、まずは詳しく解説していきます。

①無担保の使い道自由な事業資金

ビジネスローンの定義は「無担保」で「使い道が自由」な融資商品ということができます。

銀行融資であれば使い道に関してかなり制限を設けられ、事前に使い道について様々な確認をされますがビジネスローンは使い道を事前に確認することはなく、融資実行後も資金の行方を追われることはありません。

非常に自由な融資商品です。

②総量規制対象外

ビジネスローンは総量規制対象外です。

総量規制とは「消費者を」借り過ぎから守るための法律上のルール。ビジネスローンは事業資金を融資するもので消費者向けの融資商品ではありません。

そのため、個人事業主でも年収の3分の1を超える借入が可能です。

個人事業主は節税のため年収を意図的に低く申告していることがあり個人向けカードローンを借りることが難しい属性です。

しかし総量規制対象外のビジネスローンなら個人事業主でも希望額を借りることができる可能性があります。

③審査は銀行融資よりも甘い

ビジネスローンの審査は銀行融資よりもかなり甘くなっています。

銀行融資ではまず借入不可能な属性である、赤字決算や債務超過の企業でも審査に通過できることも。

「銀行から融資を断られた」という企業でも、ビジネスローンであれば資金調達することができる可能性があります。

④金利は高い

ビジネスローンは審査が甘い分、金利は高くなっています。

15%〜18%程度の法定上限金利ギリギリの設定となっていることが一般的です。

銀行融資の金利が2%前後であることと比較すると、ビジネスローンの資金調達コストは膨大です。

⑤ノンバンクが融資することが多い

ビジネスローンは銀行も民間の保証会社をつけて取り扱うことが多いですが、基本的には消費者金融などのノンバンクが融資をすることが多くなっています。

アコム・プロミス・アイフルなどの大手消費者金融もビジネスローンを取り扱っており、大手消費者金融が事業者向けに融資する商品を「ビジネスローン」と解釈してもよいかもしれません。

そのため大手の消費者金融から借りるので安心です。

⑥カードローンタイプでいつでも借入可能

ビジネスローンの中にはカードローンタイプになっている商品も多数存在します。

カードローンタイプのビジネスローンでは限度額の範囲内でいつでもATMから必要な資金をキャッシングすることができるので緊急でお金が必要になった時に最適です。

すぐにお金が必要ではない人も緊急時に備えてあらかじめ枠だけ作成しておくとよいでしょう。

【2020年最新版】人気ビジネスローン口コミ・評判・審査基準

おすすめの人気ビジネスローンを解説する男性

口コミや評判からおすすめビジネスローンは以下の6社です。

  1. オリックスVIPローンカード BUSINESS
  2. アップス「ビジネスローン」
  3. ジャパンネット銀行「ビジネスローン」
  4. CARENT「ビジネスローン」
  5. アイフルビジネスファイナンス
  6. 湊屋商事「無担保ビジネスローン」

特徴や口コミ、審査基準を徹底解説していきます。

①オリックスVIPローンカード BUSINESS

融資対象者業歴1年以上の個人事業主法人格を有する事業の代表者
融資限度額500万円
金利6.0%~17.8%
融資までの最短日数最短即日
資金使途事業資金・消費資金

オリックスVIPローンカードBUSINESSの特徴

オリックスVIPローンカードBUSINESSは個人事業主と法人代表者が借入をすることができるビジネスローンです。

法人代表者個人まで借入をすることができるのは非常に珍しく、法人代表者がプライベートな資金に利用したり、借りたお金を会社の用途に利用することも可能です。

事業資金だけでなく消費資金にも利用することができるので、個人向けカードローンの審査に通過することが難しい個人事業主や法人代表者のカードローンとしては最適です。

また、申し込みから最短60分程度で借入をすることができるのも大きなメリットです。

オリックスVIPローンカードBUSINESSの口コミ評価

オリックスVIPローンカードBUSINESSには以下のような口コミがあります。

「金利は低く、審査もそんなに厳しくないと思います。」

「返済に遅延すると速攻で電話がかかってきますが、態度は丁寧で、返済の相談にものってくれます。」

「カードが届くのが2日後で、とても早いのにも驚きました」

オリックスVIPローンカードBUSINESSは返済に遅れた場合にも丁寧に対応してくれ、場合によっては返済を数日待ってくれることもあります。

カードは2日後くらいには届くようで、対応も非常に素早いという評価もあります。

オリックスVIPローンカードBUSINESSの審査基準

オリックスVIPローンカードBUSINESSの審査基準は個人信用情報です。

オリックスVIPローンカードBUSINESSは法人代表者に対しても融資を行なっていますが、この場合は会社の決算書の提出すら必要ありません。

つまり、オリックスVIPローンカードBUSINESSは個人信用情報を審査しているということであり、会社の業況が悪くても個人信用情報に問題がない人であれば融資を受けることができる可能性は高いと言えるでしょう。

②アップス「ビジネスローン」

融資対象者個人事業主、法人
融資限度額1,000万円
金利15.0%
融資までの最短日数1日程度
資金使途事業資金

アップス「ビジネスローン」の特徴

アップスは中堅の貸金業者ですが、1,000万円までの高額融資に対応しているのが特徴で、実際に数百万円を借りることができたという口コミも多数存在します。

ただし金利は15%と固定されているため、高額の借入になると利息負担が膨大になってしまう点には注意しましょう。

また、アップルの顧客の大半は「従業員3名以下の企業」と公表しています。

中小企業や家族経営の事業者に対する審査にはノウハウがあり、銀行の審査に通過することができない企業でも借りることができる可能性があるでしょう。

アップス「ビジネスローン」の口コミ評価

アップス「ビジネスローン」には以下のような口コミがあります。

「朝一番に申し込み、翌日には融資を実行してもらえました」

「赤字決算に陥ってしまったタイミングで、600万円の融資に申し込んだところ、希望額満額を融資してもらうことができました」

中堅の消費者金融でありながら最短1営業日で融資をすることができるのはアップスの強みです。

また、実際に600万円もの高額借入に成功している人もいることから、小規模企業でも審査によっては高額融資も可能であることがわかります。

アップス「ビジネスローン」の審査基準

アップス「ビジネスローン」の審査の重要ポイントは「会社の資産と資金繰り」です。

例え赤字でも返済することができるだけの資産を会社や代表者個人が持っていれば融資を受けることができる可能性があります。

また、債務超過であっても利益を出すことができており返済することができるだけのキャッシュフローを持っていれば審査に通過することができます。

法人にも融資を行なっているので、基本的には決算書や確定申告書の内容が審査で重視されるものと考えておいた方がよいでしょう。

③ジャパンネット銀行「ビジネスローン」

融資対象者<法人>・業歴2年以上、または決算を2期終了している。・代表者が日本国籍を有している、または外国籍で日本での永住権を有している。・申込時、代表者の年齢が満20歳以上満69歳以下である。<個人事業主>・日本国籍を有している、または外国籍で日本での永住権を有している。・申込時、年齢が満20歳以上満69歳以下である。
融資限度額500万円
金利4.8%〜13.8%yahoo出店者は上限8.20%
融資までの最短日数5日程度
資金使途事業資金

ジャパンネット銀行「ビジネスローン」の特徴

ジャパンネット銀行のビジネスローンはyahooに出店している事業者の方は上限8.2%で融資を受けることができるという特徴があります。

それ以外の方も上限13.8%であるため、他のビジネスローンと比較して金利は低いと言えるでしょう。

銀行の融資商品であるため、どうしても融資に時間がかかってしまい、申し込みから借入まで5日程度かかってしまうのはデメリットと言えるかもしれません。

また、法人は業歴2年以上ないと借入をすることができないので注意しましょう。

ジャパンネット銀行「ビジネスローン」の口コミ評価

ジャパンネット銀行「ビジネスローン」の口コミには以下のようなものがあります。

「Yahoo!ショッピング利用者向けのローンがあると聞き、一般的なビジネスローンを組むよりはるかに金利が低かったのでこちらを選択。比較的低い金利で借りることができました。」

「申し込みの結果、実際に適用された金利は6%ほどで、とても満足しています」

「ビジネスアカウントが必要だったのを知らなかったので、予想していたより待たされた気がします。」

Yahoo!ショッピング利用者は低金利で借りることができる点は評価が非常に高くなっています。

また、ビジネスローンは上限金利が適用されるのが一般的ですが、ジャパンネット銀行のビジネスローンは最初から審査の結果として低金利が適用されることもあるようです。

ジャパンネット銀行でビジネスローンを借りるためにはビジネスアカウントという事業者専用のアカウントが必要です。

事前にビジネスアカウントを開設しておくことを忘れないようにしてください。

ジャパンネット銀行「ビジネスローン」の審査基準

ジャパンネット銀行のビジネスローンの審査で重要視されるのは当該企業の業況です。

ビジネスローンとはいえ、銀行の融資商品ですのであまりにも業況が悪い企業は融資をしてもらうことができません。

赤字が続いている企業や債務超過が解消する見込みが全く立たない企業は融資を受けることが難しいでしょう。

一定程度の資産があり、返済に問題ないだけのキャッシュフローがあることが審査に通過するための条件になります。

また、Yahoo!ショッピング利用者専門のローンを借りる場合には、Yahoo!ショッピングでの売上や口コミ評価などの審査で重視されます。

④CARENT「ビジネスローン」

融資対象者法人のみ
融資限度額500万円
金利7.8%〜18.0%

CARENT「ビジネスローン」の特徴

CARENT「ビジネスローン」は法人に対してのみ融資を行なっており、個人事業主に対する融資はしていません。

融資金額の上限は500万円と少額で、最短即日にも対応しているため「少ない金額を素早く融資する」という点に特化したローンだと言えるでしょう。

CARENT「ビジネスローン」の口コミ評価

CARENT「ビジネスローン」の口コミはそれほど多くありませんが、以下のようなものがあります。

「朝一で申し込みをしたら当日中に振込を受けることができ助かりました」

CARENTのビジネスローンは「最短即日」を謳っていますが、早めに申し込みをすることによって当日中には振込にて融資を行なってくれます。

「どうしても今日、お金を用意しなければならない」などの緊急時にCARENTは大きな力になるでしょう。

CARENT「ビジネスローン」の審査基準

CARENT「ビジネスローン」の審査で重視されるのは会社の決算内容と資産状況です。

返済に問題ないと考えられるだけの利益が出ている場合には高い確率で融資を受けることができるでしょう。

また、会社に借入額を返済するだけの資産がある場合にも「回収には問題ない」と判断されて融資を受けることができるでしょう。

法人専用のビジネスローンですので決算書の内容が審査の全てを決定すると言っても過言ではありません。

⑤アイフルビジネスファイナンス

融資対象者法人・個人事業主
融資限度額1,000万円
金利3.1%〜18.0%5.0%〜18.0%(カードローン)
融資までの最短日数最短即日
資金使途事業資金

アイフルビジネスファイナンスの特徴

アイフルビジネスファイナンスは以前は「ビジネクスト」という事業資金専門の会社でしたが、今は親会社のアイフルの名前を冠した「アイフルビジネスファイナンス」という社名へ変更しています。

商品内容は以前から全く変わらず、「最短即日融資」「1,000万円まで融資対応」「証書貸付タイプとカードローンタイプを選択することができる」という特徴があります。

大手消費者金融のアイフルが運営するビジネスローンですので、商品内容は充実しており、何よりも安心感が高いというのが大きなメリットです。

アイフルビジネスファイナンスの口コミ評価

アイフルビジネスファイナンスの口コミは多数あり、主なものとしては以下の通りです。

「確定申告書の提出を求められましたが、借りた資金の使い道などは全く確認しません。」

「100万円の借入をした時の金利は10パーセントくらいでした。」

「以前から持っている自営業用のクレジットカードに比べて審査が少し厳しかったと感じましたが、希望額の200万円を借りる事ができました。」

「銀行で融資を断られましたが、こちらで200万の融資が可決しました。」

「ビジネクストではすべての手続きがオンラインでできました。確定申告書は原則で2年分の提出が必要でしたので、オンライン上で提出することができました」

「法人の場合は登記事項証明書や決算書原則が必要になりますので書類の用意が少し面倒です。」

アイフルビジネスファイナンスも実際には上限金利よりも低い金利が適用されることがあるようです。

また、オンライン上で全ての手続きを完結させることができるのも大手消費者金融アイフルのビジネスローンならではのメリットだと言えるでしょう。

用意しなければならない書類は少なくありませんが、事前に用意しておくことで即日で借入することも可能です。

アイフルビジネスファイナンスの審査基準

アイフルビジネスファイナンスは、ビジネスローンの中でもかなりしっかりと審査を行う会社としても知られています。

決算書の内容から「返済することができるだけのキャッシュフローがあること」「回収に問題ないだけの資産があること」このいずれかは非常に重視されます。

また、アイフルビジネスファイナンスを利用するためには事業計画書の提出が必要になり、この書類も審査では非常に重視されます。

今後の売上や利益の見通しとその根拠などを記載しなければなりません。

また、専門の書式の資金繰り表も必要です。

経営者として会社の将来をしっかりと見通し、審査担当者を納得させることができるかどうかという定性的な部分もアイフルビジネスファイナンスの審査では重要になります。

⑥湊屋商事「無担保ビジネスローン」

融資対象者法人・個人事業主
融資限度額2,000万円
金利10.0%〜18.0%
融資までの最短日数最短1営業日
資金使途事業資金

湊屋商事「無担保ビジネスローン」の特徴

湊屋商事はその名前から「少し怖いな」と思う人もいるかもしれませんが、しっかりと金融庁に登録を行なっている登録貸金業者です。

登録貸金業者は金融庁や都道府県の監督の下、法律遵守で営業しているので取引をしても安心な業者だといえます。

湊屋商事は最低融資金額100万円、最高融資額2,000万円という融資額の大きさが特徴です。

最低でも100万円からしか借りることができないので、中小事業者にありがちな「今日中に30万円必要」などの少額融資のニーズには答えていません。

一定程度の高額な資金が必要な場合のみ湊屋商事に相談しましょう。

また、中堅企業でありながら最短1営業日後には融資実行というスピード感も湊屋商事のメリットです。

湊屋商事「無担保ビジネスローン」の口コミ評価

湊屋商事の「無担保ビジネスローン」には以下のようなものがあります。

「かなりスピーディーに融資対応してもらいました。今後も資金繰りが厳しくなった時にはお世話になるかもしれません」

「営業担当者と面談した際、身だしなみも清潔感あり、また商品説明も丁寧で十分理解できて安心しました」

「皆さん、親切です。」

湊屋商事は対応が非常に丁寧で、融資もスピーディーという口コミが多くなっています。

社名から「怖い」と感じる人も多いようですが、対応などはむしろ非常に丁寧で親切なことが口コミから分かります。

湊屋商事「無担保ビジネスローン」の審査基準

湊屋商事「無担保ビジネスローン」の審査で重視されるのは決算内容です。

返済に問題ないだけのキャッシュフローがあるのであれば借入をすることができる可能性は高いでしょう。

また、赤字決算でも会社や代表者個人に資産があるのであれば、「その資産から回収可能」と判断することができるので審査に通過できる可能性があります。

また、湊屋商事は2,000万円という高額融資に対応しているので複数の借入金をまとめてしまうのもよいでしょう。

複数の借入金をまとめることで返済額が少なくなり資金繰りが楽になることはよくあります。

湊屋商事のビジネスローンはおまとめにも活用可能です。

ビジネスローン以外で事業資金を調達するには

事業資金

法人や個人事業主が事業資金をビジネスローン以外の方法で調達するとしたら以下の3つの方法を挙げることができます。

  1. 信用保証協会保証付融資
  2. 日本政策金融公庫
  3. ファクタリング

それぞれの資金調達方法の特徴について詳しく解説していきます。

①信用保証協会保証付融資

信用保証協会の保証を付けて銀行や信用金庫からお金を借りる方法です。

銀行や信用金庫はよほど信用のある企業でないと無保証のプロパー融資をすることはありません。

そのため、信用保証協会の保証を付けて借りるのが銀行や信用金庫などの民間金融機関からの融資で最もオーソドックスなパターンです。

銀行や信用金庫は信用保証協会の保証さえつけばリスクはありません。

信用保証協会の保証さえつけばほぼ確実に融資を実行するため、実質的に審査をしているのは信用保証協会だと言えます。

借入を希望する場合には銀行や信用金庫の窓口へ相談に行きましょう。

②日本政策金融公庫

日本政策金融公庫も中小企業向け融資を積極的に行っています。

金利は2%前後と非常に低く、信用保証協会の保証は付けません。

そのため、銀行や信用金庫の融資とは別枠で借入をすることができます。

ただし、日本政策金融公庫も信用保証協会の保証付融資も融資までに時間がかかり2週間程度の時間が必要になってしまう点に注意しましょう。

③ファクタリング

ファクタリングでも事業に必要な資金を調達することが可能です。

ファクタリングは売掛債権を売却して資金化する方法で、手元に売掛金などを保有していれば資金調達することができる可能性があります。

ファクタリングで審査の対象になるのは売掛先企業です。

そのため自社の業況が悪く銀行融資やらビジネスローン審査に落ちてしまったとしても、優良企業の売掛債権さえもっていればファクタリング審査に通過できる可能性があります。

さらに、ファクタリングは最短即日資金化にも対応しているため、急いで資金が必要な時も最適です。

まとめ

青い傘

口コミで評価が高いおすすめローンは以下の通りです。

  • オリックスVIPローンカード BUSINESS
  • アップス「ビジネスローン
  • ジャパンネット銀行「ビジネスローン」
  • CARENT「ビジネスローン」
  • アイフルビジネスファイナンス
  • 湊屋商事「無担保ビジネスローン」

ビジネスローンは銀行融資の審査に落ちた場合や、急いで資金が必要な場合に活用することができます。

審査基準は各社異なるので、口コミなどを参考に自社でも審査に通過できそうなローンへの申し込みを検討しましょう。