必ず借りれるビジネスローンは存在する!?ブラックでも借りれるローンの条件をご紹介します

2020-08-27

必勝

お金がない時、銀行の審査に通過できない時、急いでお金が必要な時など「絶対に審査に落ちるわけにはいかない。必ず借りれるビジネスローンはないか」と様々なローンをネットで探した経験がある人も多いのではないでしょうか?

必ず借りれるビジネスローンはありませんが、ブラックでも審査通過の可能性のあるビジネスローンは存在します。

ブラックの人はどんな基準でビジネスローンを選ぶべきなのか、ブラックでも通過する可能性のあるビジネスローンとともに詳しく紹介していきます。

必ず借りれるビジネスローンは存在しない

何もない部屋

結論的に言えば、必ず借りれるビジネスローンは存在しません。

「必ず借りれる」と謳っている時点で法律違反ですので、その業者は闇金だと考えた方がよいでしょう。

また、安全業者は必ず審査を行い、審査をする以上は落ちる可能性があるので「必ず借りれる」と広告している業者には近づいてはいけません。

「審査なしで即日融資」の広告は法律違反

街中で「審査なしで融資可能」とか「ブラックなしで融資OK」などの広告を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

このように「必ず借りれる」ということを連想する広告を出すことは違法です。

貸金業法第十六条では広告について以下のように定められています。

貸金業者は、その貸金業の業務に関して広告又は勧誘をするときは、貸付けの利率その他の貸付けの条件について、著しく事実に相違する表示若しくは説明をし、又は実際のものよりも著しく有利であると人を誤認させるような表示若しくは説明をしてはならない

このように、広告について確定的な文言を表記するのは禁止されているため、「審査なし」「必ず借りれる」「ブラックOK」などの広告を見たら、「違法だ」と認識するようにしてください。

「必ず借りれる」は闇金の証拠

「必ず借りれる」というような違法な広告を出してまで営業している業者は闇金です。

どこからもお金を借りることができない人にとって「必ず借りれる」といいう文言は魅力的に感じるかもしれませんが、絶対に騙されてはいけません。

闇金はお金のない人に対して「必ず借りれる」という甘い文言で勧誘し、お金を貸し付けて、延々と利息だけを払わせ続けることを目的にしています。

つまり「必ず借りれる」という業者からお金を借りるということは闇金からお金を借りることと同じだと強く認識し、絶対に手を出さないようにして下さい。

安全業者は必ず審査を行う

安全な業者は必ず審査を行います。

そもそも審査とは貸金業法第十三条で義務付けられた行為で、条文では以下のように義務付けています。

貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

顧客の返済能力に見合った貸付かどうかを判断するために審査は必ず行われます。

そして、審査を行う以上は審査に落ちてしまう可能性はあるので、正常な業者から「必ず借りれる」ということはあり得ません。

安全なビジネスローンは必ず借りれることはあり得ず、絶対に審査に落ちる可能性があるということを理解しておきましょう。

ブラックでも資金調達することはできる?

ブラックな人達

では、ブラックの人は絶対に外部から資金調達をすることができないのでしょうか?

そのようなことはありません。

ブラックの人は個人向けカードローン審査には通過することが非常に困難ですが、ビジネスローンであれば審査に通過することができる可能性があります。

個人事業主はブラックでも借りることができる場合あり

個人事業主がビジネスローンを借りる場合には、ブラックでも借りることができるケースがあります。

ビジネスローンは事業内容に対して融資を行うので、個人信用情報を照会しないことがあるためです。

このようなローンを借りた場合には個人信用情報がブラックの個人事業主でも審査に通過することができる可能性があります。

必ず借りれるビジネスローンはありませんが、ブラックでも借りることができるビジネスローンは存在します。

個人向けカードローンはまず審査には通らない

個人向けカードローンはブラックの人はまず審査に通過することはできません。

個人向けカードローンの審査で重視されるのは個人信用情報ですので、ここでブラックの情報が見つかった場合には、審査に通過することが難しくなってしまいます。

個人ローンの場合には、審査で必ず個人信用情報を照会するため、ブラックの人が借りることができる方法はほとんどありません。

法人にブラックという概念はない

法人融資の場合にはブラックかどうかは無関係です。

法人の信用情報を司っている個人信用情報などは存在しないため、例え法人名義の借入などを長期延滞したとしても、信用情報のようなデータベースには登録されることはありません。

そのため、「ウチはブラックだから」と借入を諦めれいるような会社でも、法人のブラックリストなど存在しないので、審査の甘いビジネスローンに申し込みをすることでお金を借りることができる可能性があります。

ブラックでも即日資金調達できるビジネスローンの特徴と審査通過のコツ

靴紐を結ぶ経営者

ブラックの人でもビジネスローンの審査に通過するためには以下の3つのポイントに注意しましょう。

  1. 個人信用情報をチェックしないローン
  2. 法人にも融資をしているビジネスローン
  3. 金利の高いビジネスローン

ブラックの人が選ぶべきローンのポイントと審査通過のコツを詳しくご紹介していきます。

①個人信用情報をチェックしないローン

個人信用情報をチェックしないローンはブラックでも審査に通過することができる可能性が高いと言えます。

このようなローンは確定申告書などの決算内容をチェックしているので、例え代表者個人がブラックでも事業の内容に問題がなければ審査に通過することができます。

②法人にも融資をしているビジネスローン

では、個人信用情報をチェックしないローンとはどのようなローンなのでしょうか?

法人にも融資を行なっているビジネスローンは個人信用情報を確認せずに、決算内容に対してのみ審査を行なっている傾向があります。

個人事業主専用のビジネスローンは十中八九、個人信用情報を確認しているため、法人にも融資をしているローンに申し込みをするようにしましょう。

③金利の高いビジネスローン

上限金利が高いビジネスローンも審査が緩いビジネスローンだと言えるでしょう。

銀行のビジネスローンの中には上限金利が10%を切るような商品もありますが、このようなローンは審査が厳しいと言えます。

一方、上限金利が15%〜18%程度の法定上限金利ギリギリのビジネスローンは審査が比較的緩いため、銀行のビジネスローン審査に通過することができない人でも審査に通過できる可能性があります。

審査に通過しやすいビジネスローンを借りたいのであれば、金利の高いビジネスローンを借りるようにしましょう。

ただし、利息制限法を超える金利を設定している業者は闇金ですので、適用金利が以下の利息制限法の上限金利を超えていないかどうか確認することを怠らないようにしてください。

10万円未満:20.0%
10万円以上100万円未満:18.0%
100万円以上:15.0%

2020年最新版|ブラックでも即日資金調達できるおすすめビジネスローン4選

人々がおすすめする様子

ブラックでも即日資金調達することができる可能性のあるローンは以下の4つです。

  • アイフルビジネスファイナンス
  • ビジネスパートナー
  • freee会員専用ビジネスローン
  • Amazonレンディング

それぞれのローンの概要や特徴、さらに審査基準について詳しく解説していきます。

アイフルビジネスファイナンス

融資対象者自営業者・法人代表者
金利3.1%〜18.0%
5.0%〜18.0%(カードローン)
融資限度額1,000万円
返済期間最長5年
融資スピード最短即日


アイフルビジネスファイナンスは以前はビジネクストという名称でビジネスローンで大きなシェアを誇っていた会社です。

今は親会社であるアイフルの名前を冠した社名へと変更していますが、商品内容は以前と変わりません。

少額融資に特化したビジネスローンでありながら、融資限度額は1,000万円まで対応しています。

さらにセブン銀行や東京スター銀行やアイフルATMで利用できるローンカードも発行されるので、いつでも借入と返済をすることができます。

決算書から審査をするタイプのビジネスローンですので、個人信用情報がブラックでも借入をすることができる可能性があります。

ビジネスパートナー

融資対象者自営業者・法人
金利9.98%〜18.0%
融資限度額500万円
返済期間最長5年
融資スピード最短5日

ビジネスパートナーも法人にも個人事業主にも融資をしているビジネスローンです。

個人信用情報がブラックの個人事業主でも、確定申告書に問題がなければお金を借りることができる可能性があります。

ビジネスローンとしては、以前からアイフルビジネスファイナンスと並んで有名なローンですので安心して利用することができるのも特徴の1つです。

freee会員専用ビジネスローン

融資対象者自営業者・法人
金利1.45%〜13.75%
融資限度額3,000万円
返済期間最長1年
融資スピード数日程度

クラウド会計ソフトのfreee有料会員だけが利用することができるビジネスローンで、融資をするのも審査をするのもジャパンネット銀行です。

審査の内容はfreeeに登録された決算情報ですので、個人がブラックでも審査に通過することができる可能性があります。

また上限金利が13.75%というのも、銀行のビジネスローンならではの低金利と言えるでしょう。

会社の決算をfreeeで行なっている人であれば、申し込むことができるので「金利が低いビジネスローンを探している」という人は申し込みを検討してもよいかもしれません。

Amazonレンディング

融資対象者Amazonマーケットプレイスでのビジネスにおいて実績のある法人の販売事業者
金利8.9%〜13.9%
融資限度額5,000万円
返済期間3ヵ月(3回)または6ヵ月(6回)
融資スピード最短5営業日

Amazonレンディング はAmazonマーケットプレイスで出店している法人が借りることができるローンです。

法人限定の融資ですので、ブラックかどうかは関係ありません。

しかしAmazonレンディング の審査はアマゾンマーケットプレイス内の販売実績や口コミを対象にして行われるという点に大きな特徴があります。

決算書の提出は不要ですので、決算内容が非常に悪い企業であってもアマゾンマーケットプレイス内部での販売実績や口コミの評価が高ければ融資を受けることができる可能性があるということです。

この点で、銀行融資や他のビジネスローンを補完するローンであり、自社の業況が悪く債務超過や赤字でもアマゾンでの販売が順調であれば融資を受けることができるかもしれません。

まとめ

古びたブランコ

必ず借りれるビジネスローンは存在しません。

そのようなことを謳っているビジネスローンは闇金だと判断し、絶対取引をしないようにしましょう。

ただし代表者本人の信用情報がブラックでも借りることができるビジネスローンは存在します。

  1. 個人信用情報をチェックしないローン
  2. 法人にも融資をしているビジネスローン
  3. 金利の高いビジネスローン

これらの特徴をもつビジネスローンは、審査で信用情報を確認しないか、ブラックでも業況に問題がなければ借りることができる可能性がありますので、どこからもお金を借りることができないという人は借入を検討してみましょう。