個人事業主はビジネスローンを利用可能!おすすめの選び方と個人事業主向けローン4選

2020-09-04

個人事業主のビジネスローンを紹介する女性

個人事業主は銀行融資には不利で、個人向けカードローンなども借りることが難しい属性です。

そのため「個人事業主だから借入は無理だ」と最初から諦めてしまっている人も多いのではないでしょうか?

確かに個人事業主は銀行の事業資金融資や個人向けカードローンは借りにくいですが、ビジネスローンであれば比較的簡単に借りることができる可能性があります。

個人事業主がビジネスローンを利用するメリット、デメリット、おすすめのビジネスローンをご紹介していきます。

ビジネスローンは個人事業主でも利用できる

ビジネスローンは個人事業主でも利用できることを知る男性

ビジネスローンは個人事業主でも利用することが可能です。

むしろ、個人事業主専用のビジネスローンも存在し、ビジネスローンは個人事業主にとって非常に借りやすい融資商品であることは間違いないでしょう。

個人事業主でも利用可能

無担保のビジネスローンの大多数が個人事業主でも利用することが可能です。

個人事業主は年収を低く申告していることが多いので無担保のカードローンなどを借りることが困難な属性です。

しかし、ビジネスローンであれば総量規制対象外ですので、個人事業主でも比較的借りやすくなっています。

個人事業主専用ローンも法人では利用できないことも多い

ビジネスローンの中には個人事業主専用ローンも多数存在します。

ビジネスローンは個人事業主用に設計されていることが多く、法人が利用することができないことも少なくありません。

個人事業主専用ローンは個人信用情報から個人事業主の与信能力を調査します。

一方、信用情報が存在しない法人は決算書から審査するしかありませんが、決算書には粉飾がつきものです。

つまり、個人信用情報という改ざん不可能な情報から審査することができる個人事業主の方が債権者にとってリスクが低いので、ビジネスローンは主に個人事業主を融資対象としていることが多くなっています。

ビジネスローンと銀行や日本政策金融公庫融資との違いは?

融資の違いがわかる男

ビジネスローンと銀行や日本政策金融公庫の融資は主に以下の5つの点で違いがあります。

  1. 最短即日融資
  2. 金利が高い
  3. 税金の滞納があっても資金調達可能
  4. 審査が甘い
  5. 消費資金にも利用可能

融資スピード、金利、審査、使い道などあらゆる面でビジネスローンと銀行融資は異なります。

それぞれの違いについて詳しく理解しておきましょう。

①最短即日融資

ビジネスローンは最短即日で融資を受けることができます。

申し込みから借入まで当日中に行うことができるので、「とにかく急いでお金が必要」「手形の決済に間に合わない」などという場合にもビジネスローンであれば資金が必要なタイミングに間に合う可能性があります。

銀行融資では申込から借入まで2週間程度の時間がかかってしまいますが、ビジネスローンは最短で申込日当日にお金を借りることができるのは銀行融資と比較した場合のメリットです。

急いでいる時にビジネスローンは非常に重宝します。

②金利が高い

ビジネスローンは銀行融資と比較して金利が非常に高くなります。

金利は利息制限法で定められた上限金利である15%〜18%というのが一般的で、2%前後の低金利で借りることができる銀行融資と比較した場合には明らかにデメリットです。

100万円を1ヶ月借りる場合、金利2%の利息負担は1,644円ですが、金利15%では12,329円にもなってしまいます。

同じ借入額でも資金調達コストが圧倒的に高くなってしまうのはビジネスローンの大きなデメリットだと言えるでしょう。

③税金の滞納があっても資金調達可能

ビジネスローンは税金の滞納がある企業でも審査に通過できることがあります。

そもそもビジネスローン審査では納税証明書の提出が必要ないので、税金の滞納があるかどうかということも審査では知られないことがほとんどです。

銀行融資はほぼ必ず納税証明書の提出を求められ、税金の滞納があった場合にはまず間違いなくお金を借りることはできません。

税金の滞納が発生してしまうと資金調達をする手段が著しく少なくなってしまいますが、ビジネスローンであればお金を借りることができるので、税金の滞納を解消し、その後銀行融資を借りることなども可能です。

④審査が甘い

ビジネスローンは銀行融資と比較して圧倒的に審査が甘くなっています。

銀行融資の審査に落ちた人でも借りることができ、多くの人が銀行融資の審査に落ちてからビジネスローンの借入に成功しています。

銀行融資は、赤字が続いている場合や債務超過の場合の審査に通過することは非常に困難です。

ビジネスローンであれば営業赤字や債務超過でも審査に通過できる可能性があります。

金利が銀行融資と比較して非常に高い分、ビジネスローンは審査に通過しやすくなっています。

審査に自信がない場合や、赤字・債務超過の場合、銀行から融資を断られた場合には、ビジネスローンへ申し込みをしてみましょう。

⑤消費資金にも利用可能

ビジネスローンは原則的には事業に必要な資金である事業資金にしか借りたお金を使用することができません。

しかし、一部の個人事業主専用ローンでは、ビジネスローンで借りたお金について事業資金にも消費資金にも使用することが可能になっています。

仕事の支払いに使ってもプライベートに使ってもよいので、まさに事業と生活が一致した個人事業主に最適なカードローンと言えるでしょう。

個人事業主は個人向けのカードローンを借りることが最も難しい属性の1つです。

個人向けカードローンは総量規制対象ですので、節税のために所得を低く申告している個人事業主は少額しか借りることができません。

例えば、年収100万円で申告している個人事業主はその3分の1である33万円までしか借入不可能です。

このように個人事業主は個人向けのカードローン審査に通過することが最も難しい属性です。

しかし総量規制対象外でプライベートの資金にも事業資金にも利用することができるビジネスローンであれば必要な金額を借りることができます。

個人的にも借入手段が著しく少ない個人事業主ですが、消費資金にも利用できるビジネスローンは個人事業主にとっては心強い味方です。

個人事業主のビジネスローン選び3つのポイント

3つのポイント

個人事業主がビジネスローンを選ぶ際にはどのような点に注意すればよいでしょうか?

注意点は様々ですが、基本的には以下の3点にしっかりと注意するようにしてください。

  1. 最初は大手の消費者金融や大手信販会社がおすすめ
  2. 大手が通らないなら中小の消費者金融に申込を検討する
  3. 審査に自信があるなら銀行のビジネスローンも

どのビジネスローンに申し込むかは自身の信用状態などから決めた方がよいでしょう。

ビジネスローン申込時の注意点について解説します。

①最初は大手の消費者金融や大手信販会社がおすすめ

最初に申し込むのであれば大手消費者金融や大手の信販会社がよいでしょう。

ビジネスローンというと、どことなく怪しいイメージを持っている人も多いかもしれませんが、アコムやプロミスなどの大手消費者金融や、オリックスクレジットやオリコなどの大手信販会社であれば借入をしても安心です。

さらに、郵便物が会社に届いた場合も、大手企業からの郵便物であれば従業員も「ヤバいところからお金を借りている」と心配することもないでしょう。

また、大手は非対面契約が一般的ですので手続き的にもスムーズです。

最初にビジネスローンを借りるのであれば、まずは大手消費者金融や大手の信販会社へ申し込みをするとよいでしょう。

②大手が通らないなら中小の消費者金融に申込を検討する

大手消費者金融や信販会社の審査に通過できないのであれば、中小の消費者金融に申し込みを検討しましょう。

中小の消費者金融は大手よりも審査が緩くなっています。

ほとんどの人は大手の審査に落ちた後に中小の消費者金融へ申し込みを行うので、中小の消費者金融は大手の審査に落ちた人に対しても融資をしなければ融資をする相手がいなくなってしまうためです。

大手消費者金融や信販会社の審査に落ちてしまった場合には中小の消費者金融への申し込むことでお金を借りることができる可能性があるでしょう。

ただし、名前を聞いたことがない中小の消費者金融からお金を借りる際には闇金に注意する必要があります。

取引しようとしている業者が正常な業者かどうかを確認するため、金融庁ホームページの登録貸金業者検索サービスを利用して、業者が金融庁に貸金業者登録のある正規の業者かどうかを忘れずにチェックしてください。

③審査に自信があるなら銀行のビジネスローンも

審査に自信があるのであれば銀行のビジネスローンに申し込むのもよいでしょう。

銀行のビジネスローンはノンバンクのビジネスローンよりも金利が低く、信用保証協会融資やプロパー融資よりも審査が緩くなっています。

審査難易度的には銀行融資と消費者金融のビジネスローンの中間に位置するため、ある程度キャッシュフローがある場合には申し込みを検討するとよいでしょう。

個人事業主におすすめのビジネスローン2020年最新の情報をご紹介致します

ビジネスローンのおすすめを調査している様子

では、個人事業主におすすめのビジネスローンを大手系、中小系、銀行系、それぞれをご紹介していきます。

  1. プロミス自営者カードローン
  2. オリックスVIPローンカードBUSINESS
  3. 株式会社ビジネスパートナー
  4. みずほ銀行のみずほスマートビジネスローン

どこも安心できる会社ですので、特徴をよく理解して自社に最適な商品で資金調達するようにして下さい。

①プロミス自営者カードローン

融資対象者自営業者
金利6.3%~17.8%
融資限度額300万円
返済期間最長6年9ヶ月
融資スピード最短即日

プロミスの自営者カードローンは自営業者専用のカードローンで、事業資金にも消費資金にも自由に利用することができます。

全国1,000箇所以上のプロミスの無人契約機で最短即日で契約することができるので、高い確率で即日融資を受けることができます。

②オリックスVIPローンカードBUSINESS

融資対象者自営業者・法人代表者
金利6.0%~17.8%
融資限度額500万円
返済期間最長10年2ヵ月
融資スピード最短即日

オリックスVIPローンカードBUSINESSは最短60分融資に対応している即日融資に非常に強いビジネスローンです。

大手信販会社のオリックスクレジットが取り扱っているという安心感がある上、最大の特徴は融資対象です。

オリックスVIPローンカードBUSINESSは個人事業主と法人の代表者個人だけが契約することができるという珍しい特徴を持っています。

法人代表者が個人的な消費資金に使ってもよいですし、オリックスVIPローンカードBUSINESSで借りたお金を会社へ貸し付けることもできます。

法人代表者も個人向けのローンを借りにくい属性ですが、オリックスVIPローンカードBUSINESSであれば個人向けカードローンの代わりとして利用することができるでしょう。

③ビジネスパートナー

融資対象者自営業者・法人
金利9.98%〜18.0%
融資限度額500万円
返済期間最長5年
融資スピード最短5日

中規模の消費者金融のビジネスローンの代表格がビジネスパートナーです。

ビジネスローンを扱う中堅会社ですが、法人に対しても融資を行なっているため、個人の信用以上に決算内容を重視した審査を行っています。

そのため、個人では信用情報ブラックでも確定申告書の内容さえよければ審査に通過できる可能性があります。

信用情報に自信がない個人事業主は利用を検討してみるとよいでしょう。

④みずほ銀行のみずほスマートビジネスローン

融資対象者法人
金利1%台~14%
融資限度額1,000万円
返済期間最長12ヵ月
融資スピード審査時間:正式審査の申し込みから最短 2 営業日(初回は 2~5 営業日程度)

銀行のビジネスローンの代表格がみずほ銀行のスマートビジネスローンです。

  1. 融資金額は1,000万円まで
  2. 返済期間は1年以内
  3. 利用できるのは法人のみ

と、ノンバンクのビジネスローンと比較してそれほどメリットがあるわけではありません。

しかし、メガバンクのみずほ銀行が取り扱うという安心感は大きなメリットですし、このローンはみずほ銀行からインビテーションを受け取った人しか利用することができません。

この特別感は、みずほ銀行スマートビジネスローンの大きなメリットだと言えます。

まとめ

コーヒー休憩

個人事業主がビジネスローンを利用する場合には以下の銀行融資との違いを理解しておきましょう。

  1. 最短即日融資
  2. 金利が高い
  3. 税金の滞納があっても資金調達可能
  4. 審査が甘い
  5. 消費資金にも利用可能

金利が高いですが、銀行融資の審査に落ちてしまった時、急いでお金が必要なときに重宝します。

また、個人向けカードローンの代わりに利用することもできるので使い道は非常に大きいと言えるでしょう。

審査に自信があるのであれば銀行のビジネスローン、そうでない人は大手消費者金融や信販会社、大手などの審査に落ちてしまった人は中小の消費者金融というようにご自身の信用を鑑みてビジネスローンの申込先を検討してください。