楽天グループ加盟店向けの4つのビジネスローン徹底解説致します!!

2020-09-14

楽天の旗

楽天グループには楽天グループで金融サービスやネット通販などを利用している事業者までだけが利用することができる専用のビジネスローンか用意されています。

具体的には楽天グループで楽天市場の出店や楽天ペイや楽天カードのサービスを利用している事業者は楽天から特別なビジネスローンを借りることができます。

楽天でどのようなサービスを利用しているかによって利用できるローンの内容は異なるので注意が必要です。

楽天グループ加盟店向けの4つのビジネスローンについて、それぞれ詳しく解説していていきます。

楽天スーパービジネスローンエクスプレス

楽天スーパービジネスローンエクスプレス
融資限度額1,500万円
金利3.0%~14.5%
返済回数36回以内
融資までのスピード最短3日
申込条件楽天市場に出店されている店舗を有する法人および個人事業主

楽天市場出店店舗向けローン

楽天スーパービジネスローンは、楽天市場で店舗を構える法人、個人事業主専用のローンです。

楽天が提供する店舗向けのローンの中では最も金利が低いローンの1つですが、楽天市場に出店していないと利用することはできません。

楽天スーパーセールなどの大型セール前には大量の仕入れが必要になりますが、楽天スーパービジネスローンエクスプレスを利用すれば仕入資金を確保することができます。

楽天スーパービジネスローンエクスプレスの特徴

楽天スーパービジネスローンエクスプレスには以下のような特徴があります。

  1. 申し込みより最大3カ月融資利率0.9%サービス
  2. 決算書不要
  3. 返済は楽天市場の売上金から充当
  4. 個人事業主は確定申告書必要

決算書が不要で返済は楽天市場の売上金から充当されるという特徴があります。

他のローンのように、返済用口座を用意し、毎月返済金を入金しなければならないということはなく、楽天市場に計上されている自店舗の売上代金と楽天スーパービジネスローンエクスプレスの返済金が相殺されます。

そのため自社も入金忘れがなく、楽天も回収可能性が高くなります。

なお、楽天スーパービジネスローンエクスプレスは申込後から最大3ヶ月間は金利が0.9%になるキャンペーンが行われています。

契約から3ヶ月間は金利が0.9%になるので、申込後すぐに借入をすれば低金利で借入をすることが可能です。

借入残高が多い借入当初に低い金利で借りることができるのはメリットだと言えるでしょう。

楽天スーパービジネスローンエクスプレスの審査

楽天スーパービジネスローンエクスプレスの審査基準は、楽天市場内での店舗の売上や口コミです。

楽天スーパービジネスローンは決算書が不要であるため、一般的な審査基準である決算書からの審査は行いません。

審査されるのは楽天市場での売上状況や口コミの内容で、売上が高く良いクチコミが多いほど審査には有利になります。

決算内容に問題があっても、楽天市場内での売上や口コミが良好であれば審査に通過することができる可能性があり、銀行融資を断られた企業でも楽天スーパービジネスローンで資金調達できる可能性があるでしょう。

楽天ペイ加盟店向け楽天スーパービジネスローン

楽天ペイ加盟店向け楽天スーパービジネスローン
融資限度額3,000万円
金利3.0%~15.0%
返済回数【極度方式基本契約】36回以内【証書貸付】
3回~12回
融資までのスピード最短1日
申込条件楽天ペイ(実店舗決済)加盟店(法人、個人事業主)

楽天ペイ加盟店専門ローン

楽天のキャッシュレス決済サービス、楽天ペイの加盟店が利用できるローンです。

楽天ペイの加盟店が自社の運転資金や設備資金などの用途に自由に利用することができます。

楽天ペイ加盟店向け楽天スーパービジネスローンの特徴

楽天ペイ加盟店向け楽天スーパービジネスローンの特徴は以下の通りです。

  1. 最短翌営業日から融資
  2. 来店不要
  3. 証書貸付と当座貸越を選択できる

楽天ペイ加盟店向け楽天スーパービジネスローン最大の特徴は融資スピードです。

最短で申込日の翌営業日には融資を受けることができるので急ぎの資金繰りの際には最適です。

また、一括融資の証書貸付と限度額の範囲内で自由に借入ができる当座貸越を自由に選択することができるのも楽天ペイ加盟店向け楽天スーパービジネスローンのメリットです。

用途に合わせて最適な借入手段を選択することができます。

楽天ペイ加盟店向け楽天スーパービジネスローンの審査

楽天ペイ加盟店向け楽天スーパービジネスローンの審査は、楽天ペイの決済状況に応じて決定します。

楽天ペイによる売上が多ければ審査で有利になりますし、楽天ペイによる売上が何もないのてあれば審査通過は非常に困難になってしまいます。

やはりこちらも楽天ペイの決済状況から審査されるトランザクションレンディングですので、決算状況はそれほど重視されません。

楽天カード加盟店向け楽天スーパービジネスローン

楽天カード加盟店向け楽天スーパービジネスローン
融資限度額1,000万円
金利3.0%~15.0%
返済回数36回以内
融資までのスピード数日程度
申込条件楽天カード加盟店(法人、個人事業主)

楽天カード加盟店専門ローン

楽天カード加盟店だけが利用することかできるビジネスローンです。

楽天カード加盟店が仕入や人件費などの支払いなど、借りたお金を自由に利用することができます。

楽天カード加盟店向け楽天スーパービジネスローンの特徴

楽天カード加盟店向け楽天スーパービジネスローンの特徴は以下の3点です。

  1. 決算書不要
  2. 担保不要
  3. 資金使途は自由

基本的には楽天スーパービジネスローンエクスプレスと商品内容は変わりません。

決算書や担保不要で非対面で契約することができ、借りたお金は事業資金であれば何にでも利用することが可能です。

楽天カード加盟店であれば、会社に必要な資金を柔軟に調達することができます。

楽天カード加盟店向け楽天スーパービジネスローンの審査

楽天カード加盟店向け楽天スーパービジネスローンもトランザクションレンディングです。

決算内容とは無関係に楽天カードの利用状況によって審査を受けることができるので、楽天カードで多く決済をしていれば審査で有利になり、顧客の楽天カードの利用が少なければ審査で不利になります。

楽天トラベル参画店舗向け楽天スーパービジネスローン

楽天トラベル参画店舗向け楽天スーパービジネスローン
融資限度額1,000万円
金利3.0%~15.0%
返済回数36回以内
融資までのスピード最短数日
申込条件楽天トラベル参画施設様(法人、個人事業主)

楽天トラベル参画店舗専用ローン

楽天トラベルに参画している宿泊施設等だけが利用することができるビジネスローンです。

宿泊施設というのは、銀行から運転資金を借りることが最も困難な業種の1つとして知られています。

毎日顧客から日銭が入ってくるので、基本的に営業黒字であれば運転資金に困窮することがない業種とされているためです。

逆に「運転資金が不足する=営業赤字」ということになるので、宿泊施設は運転資金が借りにくいのです。

楽天スーパービジネスローンであれば宿泊施設専用のローンですので、本来的に運転資金を借りることが難しい宿泊施設もお金が借りやすくなるメリットがあります。

楽天トラベル参画店舗向け楽天スーパービジネスローンの特徴

楽天トラベル参画店舗向け楽天スーパービジネスローンには以下の特徴があります。

  1. 決算書不要
  2. 担保不要
  3. 資金使途は自由

やはり、このローンも法人は決算書不要で利用することができ、非対面で契約可能です。

また、資金使途は自由ですので運転資金の他、建物の修繕費や広告費などにも利用可能です。

楽天トラベル参画店舗向け楽天スーパービジネスローンの審査

やはり楽天トラベル参画店舗向け楽天スーパービジネスローンもトランザクションレンディングの1種です。

楽天トラベル内での売上状況などが審査で重視されるので、楽天トラベル以外の場所から顧客を獲得しても審査では反映されません。

また、決算書の内容は審査に反映されないので、債務超過などの理由で銀行融資の審査に通過することができない宿泊施設でも審査に通過できる可能性があります。

楽天銀行の楽天スーパービジネスローン

楽天銀行の楽天スーパービジネスローン
融資限度額1億円以下
金利非公開
返済回数5年以内
融資までのスピード1週間〜2週間程度
申込条件以下の条件を満たした法人および個人事業主の方
・楽天銀行の普通預金口座を有している方
・決算書もしくは確定申告書3期分を提出可能な方
・申込時において税金等の滞納、他金融機関からの借入の延滞がないこと
・楽天銀行所定の審査基準を満たす方

基本的に誰でも利用可能

楽天カードが融資を行う上記4つのローンは、基本的に楽天のサービスを利用していないと借りることができません。

しかし、楽天銀行のビジネスローンは楽天銀行に口座を保有しており、楽天に決算書3期分以上を提出することができる人であれば誰でも申込可能です。

名前は似ていますが、あくまでも銀行のビジネスローンなので、ご紹介した楽天カードのビジネスローンとは全く異なる商品性となっています。

また、融資限度額は1億円まで対応し、融資までの時間に1週間以上かかってしまうというのも銀行のビジネスローンならではの対応だと言えるでしょう。

本格的に高額の融資を受けたいという場合には、楽天銀行のビジネスローンへの申込を検討してください。

審査は決算書から行われる

楽天銀行ビジネスローンの審査は決算書から行われます。

前述した他の4つのビジネスローンは楽天市場や楽天トラベルなどの利用状況から審査するトランザクションレンディングで行われますが、楽天銀行ビジネスローンは銀行のローンですので、企業の決算状況が重要です。

赤字や債務超過などの企業は審査に通過できないこともあり、楽天カードのビジネスローンと比較して審査は非常に厳しくなると考えておいた方がよいかもしれません。

まとめ

楽天のビジネスローンをパソコンで調べる様子

楽天には、楽天と提携しているサービスに合わせて4つのビジネスローンがあります。

共通しているのは審査基準で、いずれも楽天との取引状況が審査結果を左右するトランザクションレンディングで行われます。

そのため、楽天関係のサービスを頻繁に利用しているのであれば取引状況に応じて審査を有利に進めることが可能です。

決算書の内容が悪くても、例えば楽天市場での売上や口コミが良好であれば融資を受けることができる可能性は少なくありません。

楽天のサービスを利用している事業者の方は資金調達手段の1つとして頭に入れておきましょう。

なお、楽天銀行が提供しているビジネスローンは楽天スーパービジネスローンとは異なる普通のビジネスローンですので注意してください。