急いでお金が必要な時にはビジネスローンとファクタリングどちらがいい?

ビジネスマンがより良い方向を決定するには

ビジネスローンとファクタリング。どちらも最短即日資金調達することができる、事業資金の有効な資金調達手段の1つです。

「急いでお金が必要な時には活用できる」という点はどちらも類似していますが、実際のところビジネスローンとファクタリングのどちらを利用して資金調達すべきでしょう?

状況別にビジネスローンとファクタリングでは適した場面が異なります。

この記事ではビジネスローンとファクタリングの使い分けについて解説していきます。

状況に応じて最適な資金調達手段を身につけ、確実に必要なタイミングで資金調達することができるようになりましょう。

ビジネスローンによる借入れ

ビジネスローンコンセプトボタンを押す実業家

まずはビジネスローンの概要について解説していきます。

ビジネスローンには以下の4つの特徴があります。

  1. ノンバンクから借りる無担保融資
  2. 即日融資対応のものが多い
  3. 金利は法定金利ギリギリの高金利
  4. 自社に対して緩い審査を行う

ビジネスローンは最短即日融資で、審査が緩めで金利が高いノンバンクからの借入です。

ビジネスの4つの特徴について詳しく解説していきます。

1,ノンバンクから借りる無担保融資

ビジネスローンとは、消費者金融やカード会社から借りる無担保の融資です。

担保や保証人を取らずに融資をするので、会社や代表者個人の信用に対して融資を行い、審査が非常に早いという特徴があります。

銀行は無担保融資を行うことはありますが、必ず保証会社や保証協会をつけるので、無担保・無保証の融資はビジネスローンの特徴だと言えるでしょう。

2,即日融資対応のものが多い

ビジネスローンは無担保・無保証で、コンピューターが申込者(申込企業)の情報を点数化するスコアリングという方法で審査を行います。

そのため、審査に時間がかかりません。

早いところでは1時間程度で審査が完了し、オンライン上で契約を完結させることができるので、最短即日で融資を行なってくれます。

銀行融資が2週間程度の時間がかかってしまうことに比べると、融資スピードが早いというのはビジネスローンの特徴でありメリットです。

3,金利は法定金利ギリギリの高金利

ビジネスローンの金利は、利息制限法という法律によって決められた上限金利ギリギリの高金利です。

利息制限法では貸付の際に適用する金利の上限を以下のように定めています。

  • 10万円未満:20.0%
  • 10万円以上100万円未満:18.0%
  • 100万円以上:15.0%

このように、金利の上限が定められていますが、ほとんどのビジネスローンで、金利の上限は15%〜18%となっています。

これは、100万円未満であれば18%が適用され、100万円以上であれば15%が適用されるためです。

銀行融資の金利が2%〜5%程度であることを鑑みればビジネスローンの金利は非常に高いといえます。

しかし、その分、スピーディーで銀行融資の審査に通過することができない人でも借りることができる緩めの審査を行うと言えるでしょう。

4,自社に対して緩い審査を行う

ビジネスローンの特徴の1つが審査の甘さです。

ビジネスローンは赤字や債務超過など、銀行融資ではまず審査に通過できないと考えられるような企業でも審査に通過してお金を借りることができる可能性があります。

金利が非常に高い分、ギリギリのリスクを取ることができるので、銀行であれば審査に通過させることができない事業者も、ビジネスローンではリスクが許容されることもあるのです。

例えば、銀行融資では、3期連続赤字と債務超過が重なっている企業は「もはや再生不可能で、融資をしても債務が膨らむだけ」と判断されて審査に通過することができないケースがあります。

しかし、ビジネスローンでは、そのような企業でも「回収できる可能性がある」と判断されれば審査に通過することができる可能性がゼロではありません。

ビジネスローンは審査の甘さが大きな特徴です。

ファクタリングとは

ファクタリング

ファクタリングでも最短即日で必要な事業資金を調達することが可能です。

ファクタリングには以下の5つの特徴があります。

  1. 売掛債権の売却
  2. デフォルトリスクも一緒に売却
  3. 即日資金化可能
  4. 手数料が発生
  5. 売掛先に審査を行う

売掛債権を売却して即日で資金化する方法がファクタリングです。

ファクタリングの5つの特徴について詳しく解説していきます。

1,売掛債権の売却

ファクタリングは借入ではありません。

企業が保有している売掛金などの売掛債権を、期日前にファクタリング会社へ売却して早期に資金化する方法です。

本来、売掛金などの売掛債権は、期日にならなければ資金化されません。

日本の商慣習では、売上発生から1ヶ月〜2ヶ月程度経たなければ入金にはなりませんが、ファクタリングによって売却することによって期日を待たずに資金化することができます。

売掛債権という資産をファクタリング会社へ売却しているだけですので、ファクタリングは借入ではなく資産の売却です。

2,デフォルトリスクも一緒に売却

ファクタリング最大の特徴は、売掛債権のデフォルト(回収不能)リスクもファクタリング会社へ売却することができるという点です。

ファクタリングは償還請求権なしで行われるのが基本です。

償還請求権とは、もしもファクタリング後に売掛債権が未払いになったら、ファクタリング会社が自社へ代金を請求する権利です。

「償還請求権なし」ということは、万が一ファクタリング後に売掛債権の未払いが発生したとしても、自社には一切責任が及ばないということです。

つまり、ファクタリング後に売掛先が倒産したような場合でも、損失を負うのはファクタリング会社であって、自社ではありません。

売掛債権を担保とした貸付である手形割引やABLでは、売掛債権がデフォルトした場合には自社が責任を負わなければなりませんが、ファクタリングでは責任はないので、連鎖倒産を防ぐ効果もあります。

3,即日資金化可能

ファクタリングには自社とファクタリング会社の2社で契約を締結する2社間ファクタリングと、自社とファクタリング会社と売掛先企業で契約を締結する3社間ファクタリングがありますが、2社間ファクタリングであれば、即日で資金化することが可能です。

自社とファクタリング会社しか契約に関与しないので、審査に通過しすぐに契約することで、当日中に資金を手に入れることができます。

また、2社間ファクタリングでは売掛先企業が契約に関与しないので、売掛先にファクタリングをしたことを知られることがありません。

2社間ファクタリングであれば、売掛先に秘密で資金調達することができます。

4,手数料が発生

ファクタリングでは少なからず手数料が発生します。

手数料は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで以下のように異なります。

  • 2社間ファクタリング:10%〜20%程度
  • 3社間ファクタリング:3%〜10%程度

この手数料は、単純に「売掛債権金額×手数料率」で計算されます。

たとえ、1ヶ月先に期日になる売掛債権であっても、日割り計算されることはありません。

例えば、1ヶ月先に期日になる売掛債権を10%の手数料でファクタリングした場合には、年率に換算すると、10%×12ヶ月=120%もの手数料になってしまいます。

ファクタリングは借入と比較して、一般的に資金調達コストが非常に高くなります。

5,売掛先に審査を行う

ファクタリングの大きな特徴が、審査対象が自社ではなく売掛先企業であるという点です。

ファクタリングでファクタリング会社へ代金を支払うのは自社ではなく売掛先企業です。

債権者であるファクタリング会社とすれば「債務者が期日通りに代金を支払うことができるかどうか」という点が非常に重要になります。

そのため、債務者である売掛先企業の業況や信用について厳格に審査を行います。

つまり、自社が銀行やビジネスローンからもお金を借りることができないほど業況が悪化した企業であったとしても、ファクタリングであれば優良な売掛先企業に対する売掛債権さえ保有していれば審査に通過することができる可能性が高いと言えます。

自社ではなく、売掛先企業の信用で資金調達の審査を受けることができるのはファクタリングの非常に大きな特徴です。

ケース別、ビジネスローンとファクタリングの使い分け

アスファルトの上に立っているキャンバスシューズ

それでは、状況に応じてビジネスローンとファクタリングのどちらが適しているのかについて詳しく解説していきます。

使い分けが必要なタイミングとしては以下の4つのケースです。

  1. 確実に即日資金が必要な時
  2. 少しでもコストを抑えたい時
  3. 自社の審査に自信がない時
  4. 銀行などの外部からの評価を下げたくない時

これら4つのケースではビジネスローンとファクタリングで適した手段は異なります。

ビジネスローンとファクタリングを使い分けるべき4つのケースについて詳しくみていきましょう。

1,確実に即日資金が必要な時

確実に即日で資金が必要な時にはビジネスローンの方がよいでしょう。

ファクタリング会社の中には「契約手続は対面で」と決められているところも多く、その場合には当日中にファクタリング会社のオフィスへ訪問して契約しなけば即日で資金を調達することはできません。

一方、多くのビジネスローンは非対面契約に対応しており、オンラインで契約完結するところも多いので、審査に通過することができれば即日融資を受けることができる可能性は高いと言えます。

より確実に即日資金調達したいのであれば、ファクタリングよりもビジネスローンの方がよいでしょう。

2,少しでもコストを抑えたい時

少しでもコストを抑えたいのであればファクタリングよりもビジネスローンの方がおすすめです。

例えば100万円をビジネスローンから金利15%1ヶ月借りた場合と、期日まで残り1ヶ月の売掛債権100万円を手数料率15%でファクタリングした場合のコストを比較してみましょう。

ビジネスローン:100万円×15%÷365日×30日=12,329円

ファクタリング:100万円×15%=150,000円

このように、借入は1日あたりの日数に対して利息が発生するので、借りた日数に応じて日割りされますが、ファクタリングに日割りはありません。

金利と手数料率が同じでも、ファクタリングの方が資金調達のコストは圧倒的に高くなってしまいます。
コストを抑えたいのであればビジネスローンを利用すべきでしょう。

3,自社の審査に自信がない時

自社の信用に自信がない時には、売掛先企業の信用で審査を受けることができるファクタリングがおすすめです。

ビジネスローンでも、あまりにも企業の業績がボロボロだった場合や、すでにビジネスローンを利用していた場合には審査に落ちることもありますが、ファクタリングは自社の与信はあまり審査で考慮されないので、ビジネスローンを延滞しているような企業でも審査に通過することができる可能性があります。

より確実に審査に通過したいのであればファクタリングを選んだ方がよいでしょう。

4,銀行などの外部からの評価を下げたくない時

銀行など、外部の人間から自社の評価を下げられたくない時にはファクタリングの方がよいでしょう。

ビジネスローンは借入金ですので貸借対照表に借入金として計上され、明細には「どこからいくら借りたのか」ということが記載されます。

多くの銀行は、ビジネスローンに手を出している企業に対して「資金繰りが相当苦しい」とネガティブな評価を下し、場合によっては格付けを引き下げることもあります。

しかし、ファクタリングは売掛金を売却しているだけですので、決算書には何も記載されることはありませんし、借入金も増えません。

決算書の見た目がよくなるのは、ファクタリングの方ですので、銀行などの外部の人間からネガティブに評価されることを避けたい場合には、ファクタリングを利用した方がよいでしょう。

まとめ

空

ビジネスローンとファクタリングは最短即日で資金調達することができるという点は共通していますが、異なる部分も多数あります。

具体的には以下の場面に応じて使い分けるのがよいでしょう。

  • 確実に即日資金が必要な時
  • 少しでもコストを抑えたい時
  • 自社の審査に自信がない時
  • 銀行などの外部からの評価を下げたくない時

状況に応じて、適した資金調達方法は異なるので、両者の違いを理解して、最適な資金調達を行うようにしてください。