無担保のビジネスローンとは?メリット・デメリットと4種類のビジネスローンを徹底比較!!

南京錠

「担保や保証人がないとお金を借りることができない」そう思っている人も多いのではないでしょうか?

確かに以前は担保や連帯保証人を用意した方が融資に有利でしたが、今は無担保で融資を受けることが可能です。

そして、無担保ですぐにお金を借りることができる方法がビジネスローンでお金を借りる方法になります。

ビジネスローンは審査が甘く即日融資などのメリットがありますが、デメリットも大きいので無担保ビジネスローンの特徴をしっかりと把握しておきましょう。

無担保ビジネスローンのメリット・デメリット、4つのビジネスローンの違いをしっかりと理解して、機動的な資金調達ができるようになりましょう。

無担保のビジネスローンの特徴は4つ

木製キューブ

無担保のビジネスローンとは、担保を提供せずに借りることができるビジネスローンを指します。

無担保のビジネスローンには主に以下の4つの特徴があります。

  1. 不動産などの担保を取らないビジネスローン
  2. 証書貸付と当座貸越がある
  3. 法人の場合は代表者が連帯保証人になる
  4. 法人向けと個人事業主専用が存在

まずは無担保のビジネスローンの特徴についてしっかりと理解しておきましょう。

①不動産などの担保を取らないビジネスローン

無担保のビジネスローンとは、不動産や預金などの担保を取らないローンのことを指します。

担保によって信用力を補完しないので、申込企業の信用力だけを担保に融資を実行します。

担保を設定するための時間や費用がかからないのでスムーズにお金を借りることができ、さらに有力な不動産を所有していなくても他社と同条件で融資を受けることができます。

②証書貸付と当座貸越がある

不動産担保ローンには証書貸付と当座貸越があります。

  • 証書貸付:借入期間1年超の分割返済を行う借入方式
  • 当座貸越:借入枠を作成し、枠の範囲内で自由に借入可能

住宅ローンや自動車ローンのように、借りたお金を1年超の長い時間をかけて返済していく方式もあれば、カードローンのように借入枠の範囲内で自由に借入ができるものもあります。

当座貸越を作成しておけば確実に審査なしでお金を借りることができるので、いざという時のために当座貸越枠を作っておくとよいかもしれません。

③法人の場合は代表者が連帯保証人になる

法人がビジネスローンを借りる場合には代表者が連帯保証人となることが一般的です。

基本的に無担保のビジネスローンは保証人も必要ないことが一般的ですが、法人が借主となる場合には代表者が連帯保証人にならなければなりません。

④法人向けと個人事業主専用が存在

ビジネスローンは法人向けの商品と個人事業主専用の商品が存在します。

  • 法人向け:アイフルビジネスファイナンス、ビジネスパートナー
  • 個人事業主専用:アコム、プロミス、オリックスクレジット

無担保のビジネスローンは借主の与信状況が非常に重要になります。

そのため、個人信用情報で審査を行うことができる個人事業主専用の商品が多数存在し、粉飾決算の恐れのある法人に対する融資を扱っているビジネスローンはそれほど多く存在しません。

個人事業主は多数の取り扱いがありますが、法人に対する取り扱いをしている融資はそれほど多くないというのが無担保のビジネスローンの特徴です。

無担保のビジネスローンのメリットについて

喜ぶビジネスマン

無担保のビジネスローンは銀行融資などと比較して主に以下の3つのメリットがあります。

  1. 最短即日融資
  2. 審査が甘い
  3. 税金の滞納があっても借入可能

無担保のビジネスローンは、早く借りることができ銀行から借りることができない人でも審査通過の可能性が高いという点がメリットです。詳しく見ていきましょう。

①最短即日融資

消費者金融が取り扱う無担保のビジネスローンは最短即日融資でお金を借りることができます。

大手消費者金融などは最短30分程度で審査を行い、無人契約機で即日契約することが可能です。

無担保なので担保評価の時間はかかりませんし、担保設定の手続きも必要ありません。

そのため「急いでお金が必要」というタイミングでは無担保のビジネスローンであれば高い確率で審査に通過することができるでしょう。

②審査が甘い

ビジネスローンは審査が甘いというのも特徴です。

銀行融資の審査では通過することができない債務超過や赤字決算の人も審査に通過することができる可能性があります。

銀行からはお金を借りることができない経営不振の事業者の方でもビジネスローンであれば審査に通過することができる可能性があるでしょう。

③税金の滞納があっても借入可能

ビジネスローンは税金の滞納があっても借入可能です。

むしろ審査では納税証明書などの提出は必要ないため、税金の滞納があっても債権者にバレることはありません。

銀行融資では税金の滞納があるとまず審査に通過することはできませんが、ビジネスローンであれば税金滞納があっても借入をすることができる可能性があります。

無担保のビジネスローンのデメリットとは?

落ち込むビジネスマン

無担保のビジネスローンは、銀行融資では借りることができない人でも審査に通過することができる可能性があり、急ぎの資金繰りにも最短即日で対応することができます。

しかし、金利の高さと外部からの評価の下落という点は間違いなくデメリットです。

無担保のビジネスローンはデメリットもよく理解した上で利用するようにしてください。

金利が高い

無担保のビジネスローンは金利が高いのが特徴です。

無担保ビジネスローンの金利は15%〜18%程度で、これは利息制限法で定められた法定上限金利ギリギリの金利です。

ビジネスローンは担保なし・保証人なしで何も保証がないまま銀行融資の審査に通過することができない人に対してお金を貸しています。

銀行融資よりも非常にリスクが高いので、このリスクを補填するために高い金利が設定されてしまいます。

銀行融資が2%前後の金利で借りることと比較すると、この金利の高さはビジネスローンのデメリットだと言えるでしょう。

外部からの評価が下落する

ビジネスローンを借りていることを銀行などに知られてしまうと銀行などの外部機関からの評価が下落することになってしまいます。

借入金の明細は決算書に記録されるので、融資取引がある銀行へ決算書を提出することによってビジネスローンを借りたことを知られてしまい基本的には隠しておくことは不可能です。

銀行などはビジネスローンの借入がある事業者のことを「資金繰りが苦しい企業」などとネガティブに判断し、場合によっては格付けを下落させてしまう可能性もあります。

ビジネスローンを借りたことによって銀行などの外部からの評価が低下してしまうことは非常に大きなデメリットです。

4種類のビジネスローンをご紹介

ビジネスローンというとノンバンクだけが提供しているイメージがありますが、ビジネスローンを借りることができるのはノンバンクだけではありません。

ノンバンクはもちろん銀行からも借りることができますし、今はfreeeなどの会計ソフトもビジネスローンを取り扱っています。

また、楽天やAmazonなどの大手ECサイトも独自の審査基準と商品性でビジネスローンを提供していることも理解しておいた方がよいでしょう。

ビジネスローン4つの種類について詳しく解説していきます。

銀行が提供するビジネスローン

銀行もビジネスローンを提供しています。

民間の保証会社をつけて10%以上の高金利で融資を行うことが一般的です。

最短1日〜2日程度で融資を受けることができ、信用保証協会の保証付融資と比較して審査に時間がかかりません。

銀行融資の中では最も審査が甘い事業資金ですが、ノンバンクのビジネスローンと比較して審査は厳しくなります。

なお、銀行のビジネスローンは個人信用情報から審査をすることができる個人事業主専用のビジネスローンとなっていることが大半です。

ノンバンクが提供するビジネスローン

ノンバンクが提供するビジネスローンは金利が15%〜18%と高金利で最短即日融資というのが特徴です。

いわゆる一般的なビジネスローンという枠組みで「金利は高いが審査は甘い」「最短即日融資」などの特徴があります。

会計ソフトが提供するビジネスローン

会計ソフトfreeeなどは銀行などと組んでビジネスローンを展開しています。

会計ソフトのfreeeはジャパンネット銀行と組んで会員専用のビジネスローンを発売しており、3,000万円まで金利1.45%〜13.75%で借りることが可能です。

会計ソフトが決算データなどを銀行へ送り、そのデータに基づいて審査を行い融資を実行するというスキームとなっています。

会計ソフトfreeeはVISAカードやMasterCardと提携した商品も展開

最近の会計ソフトはビジネスローンだけでなく法人専用カードなどの与信商品の展開も行なっています。

freeeはVISAカードやMasterCardと提携したクレジットカードを発売しており、やはりfreeeへ登録している会計データから審査を行うので性格で迅速な審査を実現可能です。

会計データという審査で最も重要な情報を握っている会計ソフトは、今はその情報を利用して様々な商品展開を行なっているという点について理解しておいて損はないでしょう。

トランザクションレンディング

トランザクションレンディング とは、特定のECサイトの営業実績に基づいて自社が審査され、お金を借りることができるという仕組みです。

すでにAmazonや楽天、ヤフーなどは出店している店舗の売上状況や口コミから店舗をスコアリングして融資するトランザクションレンディングを始めています。

トランザクションレンディングの特徴は決算書が必要ないということです。

審査対象になるのはあくまでも当該ECサイトの売上や口コミのみですので、決算書は債務超過でもECサイトの売上が順調であればお金を借りることができる可能性があるでしょう。

もちろん担保も必要ありません。

まとめ

寝そべるビジネスマン

無担保のビジネスローンには

  • 最短即日融資
  • 審査が甘い
  • 税金の滞納があっても借入可能

などのメリットがあり、有力な不動産を持っていないような企業でもお金を借りることができる可能性があるのが特徴です。

一方、金利が高いなどのデメリットもあるので借りすぎることなく、本当に必要な時に利用するのが大切になります。

無担保のビジネスローンは

  • 銀行
  • 会計ソフト
  • ノンバンク
  • トランザクションレンディング

という4つの種類が存在します。
それぞれの違いをよく理解して、自社に最も合った方法で資金調達するようにしてください。