ファクタリングは違法?は間違い!しっかり理解することが必要

2019-09-26

ファクタリングは違法は間違い!しっかり理解することが必要

度々ニュースやネットで見かけるファクタリングという言葉。「お金を借りる?」といった大まかなイメージを持っている方もいることでしょう。実際ファクタリングは違法なのでしょうか?

ファクタリング業者が逮捕されているケースも見られますが、結論から言うとファクタリングは違法では有りません。では一体なぜ過去にファクタリング業者が逮捕されたケースがあるのでしょうか。ファクタリングの解説とともに説明していきます。

ファクタリングとは一体何か?

ファクタリングとはファクタリング会社に売掛債権や受取手形を金銭で売買することです。2社間ファクタリング、3社間ファクタリングの2種類が存在しています。前者は債権会社とファクタリング会社のみの取引で、後者は債権会社とファクタリング会社に加え債務会社の間での取引となります。

2社間ファクタリングではスピードと債務会社に知られないと言うメリットとファクタリング手数料が高いとうデメリットがあります。

一方で3社間ファクタリングでは手数料が高く、信頼性の高い取引となることがメリットでと手数料が高いのと債務会社にファクタリングをすることが知られて今後の取引に影響が出るかもしれないデメリットがあります。

違法ではないのになぜ逮捕者がでたのか?

債権の売買の際に債権を譲渡していれば法律的にはなんら問題もありません。債権には譲渡性があると民法にも明記されています。

また、3社間ファクタリングの際ほとんどの場合はノンリコース(償還請求権がない)である為、債務会社が倒産などでファクタリング会社に支払いができなくなってしまった場合でも債権会社はファクタリング会社に返済義務は発生しません。手数料を払うことで、リスクを無くしてお金を得ることができるのです。

ファクタリングは違法ではないのになぜ過去に逮捕された業者が存在するのでしょうか。それはファクタリング会社が債権の売買ではなく売掛債権担保付の貸金契約を行った為です。

債権の売買であれば合法なのですが、売掛債権担保付の貸金契約を行っていた場合は利息制限法の違反になってしまうのです。

安全なファクタリング会社を使用すればそのようなことにはならないので、事前にリサーチして信頼できる会社と取引を行いましょう。

事件例⑴無登録で賃金業を営み逮捕
https://www.sankei.com/west/news/170523/wst1705230092-n1.html

上記の事件では、ヤミ金としての賃金業を行いつつ、ファクタリングという言葉を使い、あり得ない程の超高額金利で貸し付けを行っていたという事件。更に賃金業を営む為の登録も行っていなかったという。ファクタリングを良いように使ったただのヤミ金業者だ。

事件例⑵ターゲットは中小企業の新型ヤミ金
https://www.sankei.com/west/news/170214/wst1702140036-n1.html

企業の資金調達の手段の1つとしても利用されている「ファクタリング」では、動くお金も個人への貸付などと比較しても額が高いことから、ヤミ金業者が中小企業をターゲットにしているという事件。
金が用意できなければ利息分だけを払わせ、元金返済を先延ばしにする『ジャンプ』と呼ばれる手口を使うなど、ヤミ金そのもの。と警察がコメントしていることからも、ヤミ金の手法を起用しているという。

事件例⑶コンサルティング会社という看板を使ったヤミ金
https://www.asahi.com/articles/ASM9T32W3M9TUDCB001.html

こちらの事件もターゲットは中小企業となっている。法定金利の約50倍近い金利を受け取っていたこと、また、 賃金業を営む為の登録も行っていないことから、ヤミ金業者として逮捕されたという。事件例⑴や事件例⑵にもあるように、賃金業を営む為の法的登録を行っていない業者、ターゲットは中小企業というのが、今一番危ないファクタリングという言葉を纏った新ヤミ金業者だということが分かる。

ファクタリングの合法性

ファクタリングはそもそも企業間のやり取りになり、債権の売買契約を行うので貸金業法の規制の対象ではありませんので、ファクタリング会社は貸金業の許可が不要です。その為、ファクタリング会社は自由に手数料を決めることができるのです。

ファクタリングの行為自体は違法性の全くない安全な資金調達手段とも言えるのです。現在、日本においてはファクタリングが浸透しておらず法整備も整っていないのが現状です。経済産業省では売上債権の活用を推進しており、むしろファクタリングの普及を呼びかけているのです。

ファクタリングは経済産業省お墨付きの合法な取引であるにも関わらず日本において普及はしていません。それは先も述べたとおり法整備が整っていないので無法地帯にもなってしまっている点と、ファクタリングを行っている会社は資金繰りが上手くいっていないのでは?と取引先の会社に勘ぐられてしまい、今後の取引を切られてしまうというリスクがあるからなのです。

ファクタリングを装う危険な会社

ファクタリングは合法だ安全だとわかり、早急に現金が欲しいが為に何も考えずにファクタリング会社と取引するのはナンセンスです。

過去に逮捕された事例でもファクタリング会社を装って貸金を行っていたように、お金に困っている企業を食い物にしたヤミ金業者の存在があるということを頭に入れておいて考えてみましょう。

2社間ファクタリングは元々手数料が高いのですが、あからさまに高い手数料をとる会社は危険です。ファクタリング会社を装ったヤミ金業者の可能性がグッと高まってしまいます。お金が一刻も早く欲しいという企業に今月は手数料分だけの支払いで大丈夫と甘い囁きをして、毎月毎月手数料を支払わさせて元本を減らさないというやり口をしてくるのです。

ファクタリングを装う会社に騙されないよう、お金がいち早く欲しいという時にこそ冷静に判断をしてください。もし、すでに取引をしてしまっている場合でも債権売買ではなく貸金を行っていることになるので年利20%を超えるような支払いを請求されている場合は違法になるので弁護士に相談をしてみるといいでしょう。

まとめ

ファクタリング自体は違法性は皆無です。黒字倒産の危機、手元に現金が枯渇してしまうといった企業はむしろ活用するのもいいかもしれません。

一方でそういった企業を食い物にしたヤミ金業者がいるということも忘れないでください。この過去の事例から今現在日本ではファクタリングに対するイメージはあまり良くないですが、今後利用者が増えて普及していくと考えられるので慎重に検討した上で利用するのが正解だと思います。