ファクタリングを利用する手順は簡単?

2019-08-27

ファクタリングを利用する手順は簡単?

ファクタリングを使う際に、「審査は厳しいのだろうか?」「少額でも使うことができるのか?」など、いろいろな悩みが生まれてくると思います。

この記事では、ファクタリングを使うときにどんな手順が発生するのか、ということについて詳しくまとめていきたいと思います。
もし即日にでも現金が必要な方は、この記事を読んで、自分に合うファクタリングを検討してみてはいかがですか?

ファクタリングを使う際で知っておくべきこと

まずは、ファクタリングを行っている会社を選ぶことから始まります。ここで重要なのが、2社間で取引を行うのか、3社間で取引を行うのか、ということです。

個人でファクタリングを使う場合は、基本的には2社間でのファクタリングをすることが多く、企業での高額な案件は、3社間で取引をする場合が多いです。

もしも、個人でファクタリングをしようとするのであれば、「会社にはバレたくない」このように考える人が多いと思います。そういった場合だと、自分とファクタリング会社の2社間で取引を行わなければなりません。

2社間で取引を行う場合だと、ファクタリング会社のリスクは高くなります。なので、ファクタリング会社との面談などが必要な場合が多いです。

面談が成立した時点で、お金を現金化できる場合がほとんどですので、もし早急な現金化が必要な場合は、2社間での取引が基本となるでしょう。

また、大きな企業の案件となると、3社間での取引が基本的。3社間で取引することにより、売掛金はサービス会社へ直接支払われる仕組みになっています。3社間のほうが、本当に売掛金はあるのか、という心配がないので、スムーズに取引が行われます。

ファクタリングを使う際の順序は?

1 ファクタリングサービスを行っている会社選び
2 ご相談、申し込み
3 審査、お見積り
4 契約完了、現金化

まずは、ファクタリングを行っている会社を選び、ご相談して申し込みをするところから始まります。(売掛金や給料がないと不可)

そこで、審査や金額の見積もりをして、無事審査を通過することができれば、即日で現金化に対応してもらうことができます。

ファクタリングを使う際のメリットとデメリット

ファクタリングを使う際のメリットとしては、ブラックになってしまった方でも、しっかりと見経った売掛金があれば利用できる点です。

また、2社間での取引であれば、情報が漏洩する心配もございませんので、安心して使うことができます。手数料5%~かかりますが、利率が存在しないことがメリットです。

中小企業では、支払いの期日にきっちりと支払いを完了することは大切なことです。しかし、売掛金を現金化するのには、数か月以上の時間がかかると思います。

そんなときに現金を支払いできないと倒産の危機にまで追い込まれてしまう会社は少なくないはず。そんなときにファクタリングを使うことによって、即日で売掛金を現金化することができて点で倒産を回避することができたり、1企業にとっては、ファクタリングは欠かせないサービスとなっているのです。

デメリットとしては、分割払いができないという点と、利率が存在しないので当たり前ですが、現金化は売掛金の範囲内でしかできないということです。

ファクタリングは借金ではありません

ファクタリングをよく借金と勘違いする人がいるのですが、ファクタリングは借金ではございません。

あくまでも売掛金を売っているという発想のもとで取引されていますので、ファクタリングは借金ではなく”商品売買”なのです。

建設業など、2年間以上で取り組まれる大型の案件の際には、建設業者が大きな売掛金を持っていて黒字なのにも関わらず、倒産してしまうという例は少なくありません。

そんなときにファクタリングというサービスがそんな1企業を救った例が多いです。

安心して使えるサービス

企業としては、ファクタリングを使っているということを他社に知られたくない場合が多いと思います。株式会社であれば、ファクタリングを使っているということが世間に知れ渡れば、大きく経営状況は悪化してしまうかもしれません。

ファクタリングは、2社間であれば、取引先に情報を知られることが絶対にないので、安心してサービスを使うことができます。もしも、早急に現金化する必要があるといった場合に、ファクタリングを使うことをおススメです。

企業の経営者であれば、どんな状況にも対応できるように、こういった情報も絶対に知っておかなければならないことだと思います。

まとめ

ファクタリングを使う際の手順や細かくファクタリングのメリット、デメリットをまとめていきましたが、最大のメリットはお手軽即日で現金化することができるということです。

ファクタリングを借金と勘違いして偏見を持っている方もいるかもしれませんが、企業によっては、ファクタリングはなくてはならない存在なのです。

大きな売掛金があるのにも関わらず、社員に支払う現金がない、他社に支払う現金がないという理由で黒字なのに会社が倒産に追い込まれてしまうなんて事例は少なくありません。

もし現金化に困った場合は、数多くあるファクタリングサービスの中から、自分に合ったファクタリングを検討してみてください。