公的融資とは?民間融資との違いやメリットを解説

日本国旗

企業が借入をするときには「公的融資を利用した方が有利」などということが言われます。

公的融資は民間融資とは異なり、必ずしも営利目的で融資を行うわけではないので確かに有利な低金利で借りることができるケースが少なくありません。

しかし今は公的融資と民間融資の垣根がどんどんなくなってきているため、公的融資と民間融資の違いが分からないという人も多いのではないでしょうか?

今は、公的融資と民間融資に大きな違いは無くなりましたが、それでも異なる部分が大きいのは確かです

例えば日本政策金融公庫の融資と民間融資は明確に異なります。

公的融資と民間融資の違いを理解しておくことで資金調達チャネルは大きく広がります。

公的融資・民間融資の違いや公的融資のメリットについて詳しく解説していきます。

公的融資とは?

公的融資と言うとき、一般的には以下の3つの融資を示します。

  1. 政府系金融機関の融資
  2. 地方公共団体の制度融資
  3. 信用保証協会の保証付融資

まずは3つの公的融資の概要について詳しく解説していきます。

1.政府系金融機関の融資

公的融資と言ったとき、最初に連想するのが、日本政策金融公庫や商工中金などの政府系金融機関の融資です。

これらの金融機関は融資金の一部または全部に政府の税金が投入されており、政府の政策目標を叶えるための融資を積極的に行なっています。

2.地方公共団体の制度融資

地方公共団体にも融資制度があり、これを制度融資とか制度資金と言います。

地方公共団体が地元商工業者の発展や維持を図るため、セーフティネットとして提供している融資制度です。

ただし、地方公共団体が融資を行うのではなく、融資をするのは銀行、その融資を信用保証協会が保証し、地方公共団体が税金から利息や保証料を補助するというスキームになっています。

金利・融資限度額・返済期間などは全てあらかじめ決まっています。

そのため、業況の悪い企業でも一定程度の低金利で融資を受けることができるというメリットがあります。

3.信用保証協会の保証付融資

信用保証協会の保証付融資も公的な融資制度ということができるでしょう。

信用保証協会の保証をつけて融資を行うと、融資金がデフォルトした場合に信用保証協会から融資残金の全部または大部分を信用保証協会が銀行に対して保証を行います。

これによって銀行は貸し倒れを心配することなく、積極的に中小企業に対して融資をすることができます。

中小企業からすると、担保を提供することができなくなくても信用保証協会の保証を得ることができればお金を借りることができるということであり、中小企業は信用保証協会の保証によって大分お金を借りやすくなります。

信用保証協会の保証のためのお金の原資は税金ですので、信用保証協会の保証付融資も公的な融資制度ということができるでしょう。

また、信用保証協会の保証が必須の制度融資も信用保証協会の保証付融資と言えるでしょう。

政府系金融機関からの融資について

政府系金融機関の融資の特徴として以下の3点をあげることができます。

  1. 信用保証協会の保証はつけない
  2. 無担保無保証が原則
  3. 国の政策目標にかなった融資制度が多い

最も大きな違いは他の公的融資や民間融資とは完全に別枠で融資を受けることができるという点です。

政府系金融機関の融資の3つの特徴について詳しく理解しておきましょう。

1.信用保証協会の保証はつけない

日本政策金融公庫や商工中金の融資は、信用保証協会の保証をつけて融資を行うことはありません。

銀行や信用金庫が信用保証協会の保証をつけて融資をすることとは完全に別枠で融資を行います。

つまり、銀行や信用金庫から「融資枠がいっぱい」と言われたとしても日本政策金融公庫や商工中金などの公的融資であればお金を借りることができる可能性があります。

2.無担保無保証が原則

日本政策金融公庫の融資は無担保無保証で行われることが原則です。

有力な担保を持っていない事業者の方でも日本政策金融公庫が返済可能と判断すれば審査に通過することができる可能性がありますし、信用のある人を連帯保証人に付けなくても融資を受けることができる可能性があります。

また、前述したように信用保証協会の保証を付けることもありません。

保証も担保もなくても事業者の信用さえあれば融資を受けることができます。

3.国の政策目標にかなった融資制度が多い

日本政策金融公庫や商工中金は融資に回っている原資そのものが税金です。

そのため、国の政策を実現するために事業者が必要とする資金を数多く融資しています。

例えば新型コロナウイルスによって売上が減少した事業者に対して低金利もしくは無利子で融資を行う制度も、日本政策金融公庫や商工中金から始まりました。

この他にも開業に必要な資金を積極的に融資するなど、日本政策金融公庫や商工中金は公的な目的を実現するための様々な融資を取り扱っています。

地方公共団体からの制度融資について

地方の街並み

地方公共団体の制度融資も政府系金融機関の融資と同じく金利が低いですが、以下の独自の特徴もあります。

  1. 信用保証協会が保証し銀行が融資する
  2. 地方自治体によって制度の中身は異なる
  3. 国や自治体の政策目標にかなった融資が多い

注意しなければならないのは、制度融資は地方自治体が融資を行うわけではないという点、そして制度融資は信用保証協会の保証付融資の延長戦だと言う点です。

これらの点を踏まえ、制度融資の特徴について分かりやすく解説を行なっていきます。

1.信用保証協会が保証し銀行が融資する

制度融資は地方自治体や公共団体が直接お金を貸し付けるわけではありません。

審査や融資のノウハウがない地方公共団体は基本的に融資を直接行うようなことはありません。

銀行や信用金庫などの民間の金融機関がお金を貸し出しやすいようにサポートを行うことが、制度資金の役目です。

基本的な仕組みは、信用保証協会が保証を行い、銀行や信用金庫などの民間金融機関が融資をします。

そして、その融資に対して利子補給や保証料の補填を行うのが地方公共団体の役目になります。

2.地方自治体によって制度の中身は異なる

制度融資の中身や地方自治体と地域の経済人がその地域の経済的な事情に合わせて「どのような融資制度があれば中小事業者の助けになるか」ということを話し合って決定します。

そのため、地方自治体によって制度の資金の中身や金利は異なります。

非常に有利な条件(実質無利子等)でお金を借りることができる自治体もあれば、日本政策金融公庫の融資と金利も条件も変わらないという自治体も存在します。

3.国や自治体の政策目標にかなった融資が多い

制度融資は公的な融資制度で、金利や保証料の補填には税金が投入されています。

そのため、国や地方自治体の政策目標に叶った融資制度が多くなっています。

例えば、新型コロナウイルスによって売上が減少した事業者に対して、通常の融資とは別枠かつ低金利で融資を行うセーフティネット保証4号5号は自治体が制度資金として取り扱っています。

この他、自治体の発展のためには新規開業が欠かせないことから「創業資金」なども制度融資で積極的に取り扱っているところが多数存在します。

国や地方自治体を発展させるための政策目標を実現するための制度が多くなっているのが制度融資の大きな特徴の1つです。

信用保証協会の保証融資について

保証協会

信用保証協会の保証融資は信用保証協会が保証を行い銀行が融資するというものです。

しかし、今や民間の融資はほとんど信用保証協会の保証をつけて融資するため、銀行が信用保証協会の保証をつけて公的融資を行なっていると言っても間違いではありません。

主な特徴としては以下の3点をあげることができます。

  1. 地域の中で保証協会は1つ。保証枠も1つ
  2. 制度融資も信用保証協会融資の1つ
  3. 政策目標にかなった資金を保証する

信用保証協会の保証付融資の特徴について詳しく解説してきます。

1.地域の中で保証協会は1つ。保証枠も1つ

まず理解しておく必要があるのは地域の中に信用保証協会は1つしかないということです。

そのため、その保証協会がA社に対して保証枠3,000万円と設定した場合、どの金融機関から信用保証協会融資を借りたとしてもその3,000万円の枠の中から融資を受けていることになります。

つまり、信用保証協会の保証付融資は「金融機関が異なっても同じ枠でお金を借りている」ということができます。

例えば、信用保証協会の保証枠3,000万円のA社が銀行から1,000万円、信用金庫から1,000万円、信用保証協会の保証付融資を借りた場合には、A社はどの金融機関であろうと、残りの1,000万円しか信用保証協会の保証付融資を借りることはできません。

銀行や信用金庫はよほど信用のある企業でない限りは信用保証協会の保証をつけないプロパー融資を実行することはありえません。

基本的には中小企業に対する融資は信用保証協会の保証をつけて行うものであるため、銀行や信用金庫などの地域の民間金融機関は同じ枠の中で融資を行なっていると言えるでしょう。

2.制度融資も信用保証協会融資の1つ

前述したように、制度融資は信用保証協会の保証をつけて融資を行います。

そのため、制度融資も信用保証協会の保証付融資の1つで、信用保証協会の保証審査に通過できた場合のみお金を借りることができます。

信用保証協会の保証が得られない場合には、銀行から制度融資も制度融資以外の保証協会付融資も借りることはできません。

3.政策目標にかなった資金を保証する

信用保証協会も政策目標にかなった資金を積極的に保証しています。

例えば、新型コロナウイルス対策資金では、信用保証協会に対して税金が投入されたので、信用保証協会は貸し倒れをそれほど気にすることなく積極的に保証を行うことができます。

同じようなことがリーマンショックのときもあり、当時は希望する企業はほぼ全てお金を借りることができたような状態でした。

このように、原資が税金である信用保証協会も国の政策目標や社会課題を解決するために必要な資金を積極的に保証します。

信用保証協会の保証が得れれれば銀行には貸し倒れの心配がないので銀行はほぼ100%融資を実行します。

民間融資との違いとメリットは?

ルーペで書類を確認する女性

公的融資と民間融資の違いやメリットとしては以下の3点をあげることができます。

  1. 日本政策金融公庫と民間融資は別枠
  2. 公的融資は金利が優遇されている
  3. 民間融資は格付けによって金利が決定

公的融資と民間融資の違いについて詳しく解説していきます。

1.日本政策金融公庫と民間融資は別枠

日本政策金融公庫や商工中金などの公的融資期間の融資は全ての金融機関の融資とは別枠で融資を受けることができます。

そのため、銀行や信用金庫のプロパー融資や信用保証協会の保証付融資で「借入枠がいっぱい」と融資を断られてしまったとしても、公的融資であればお金を借りることができる可能性があります。

民間融資を借りることができなかった人がお金を借りることができる最後のセーフティネットとして公的融資は機能する側面があると言えるでしょう。

2.公的融資は金利が優遇されている

公的融資は金利が非常に低く設定されているというのもメリットです。

公的融資は営利目的でお金を貸し付けているわけではありません。

そのため、民間融資では格付けが低く高金利が適用されてしまう企業であったとしても公的融資であれば2%前後の低い金利でお金を借りることができます。

また、新型コロナウイルス対策である無利子融資も公的融資での取り扱いとなっており、この点でも公的融資は金利が低いと言えるでしょう。

3.民間融資は格付けによって金利が決定

民間融資は原則的に格付けによって金利が決定します。

公的融資は融資制度によって金利が決まっています。

「この資金は〇〇%〜〇〇%」というように、融資制度によって金利が決まっているのが公的融資ですが、民間融資のプロパー資金などは金利は確実に格付けによって変化します。

そのため、財務状況が良好ではない格付けの低い企業は高い金利が適用されます。

公的融資は財務状況が良い企業も悪い企業も平等な条件で金利が適用されるという点が最大のメリットだと言えるでしょう。

まとめ

公的融資には以下の3つの種類があります。

  • 日本政策金融公庫や商工中金などの公的金融機関の融資
  • 地方公共団体が利子や保証料を補給する制度融資
  • 税金を原資に保証する信用保証協会の保証付融資

これらの融資の特徴は、金利が低い、民間融資とは別枠、業況が悪くても借りることができるなどの特徴があり、銀行からプロパー融資を借りることができるよう企業でない限り、基本的にはいずれかの公的融資を借りることになります。

相談窓口がそれぞれ異なり、制度融資と信用保証協会の保証付融資は地域の金融機関が窓口になります。

まずは「どんな目的でお金が必要なのか」を明確にして、気軽に相談してみましょう。